2014年3月26日水曜日

冬と春の間で

日中は暖かく春を思わせる陽気ですが、朝晩はまだ冬の北海道。

枝先にしがみついた葉が凍えて見えます。

キバシリの背中の向こうから朝日が差し込み

ハシブトガラが陽気に唄います。

視線を感じ顔を上げると、
エゾリスがこちらをじっと見つめていました。

まるで おとぎ話の世界に居るような不思議な感覚。

ツグミが振り返り
「それ以上は近寄らないで。」と言いました。

森は歓びに満ち溢れてて、私の空想癖を刺激します。
もしかしたら、間もなくやってくる春のせいなのかもしれません。




撮影日     2014/3/24
撮影場所    苫小牧市

0 件のコメント:

コメントを投稿