2014年3月25日火曜日

マガン ねぐら立ち

渡りの季節がやってきました。

ピークはもう少し先のようですが、
早起きをしてウトナイ湖に行ってきました。

夜明け前の空を舞うマガンの群れ。

切り絵のような景色

すっきりと晴れたウトナイの空は、息を呑むような美しさでした。


 時折、オジロワシのカッ、カッ、カッ、カ‥という鳴き声が聞こえてきます。
ダイサギやウミウ、シロカモメが空を横切って行きます。

オナガガモ

陽が昇るにつれ、空の赤味が薄まり

遠くに佇むアオサギや
羽に顔を埋めるオオハクチョウの姿も見えました。


やめられません。
鳥見。



撮影日     2014/3/24
撮影場所    苫小牧市


2 件のコメント:

  1. こうした美しい景色を見ていると、「やめられません。鳥見。」
    本当にその気持ちが分かります。
     私も、初見の野鳥に会える楽しみの他、ときどき、すばらしい光景に遭遇することが継続の大きな要因です。

    返信削除
    返信
    1. ニック様
      同感です。きっと これがあるから続けられるのでしょうね。
      美しい自然に囲まれていること、つくづく「ありがたいなぁ~、」と思います。

      削除