2014年3月13日木曜日

春の予感


「朝から晴れる」という予報を信じ
張り切って朝6時に家を出たのだけれど‥

目的地(研究林)に着いた時は、どんよりとした曇り空でした。

そのうち晴れてくるだろうと ゆっくり林縁を歩いていて、
アカエゾマツの てっぺんに 見慣れない鳥がとまっているのに気付きました。

豆粒だけれど、とりあえず証拠写真をパシャ!
液晶モニターで確認すると‥

まさかまさかの、ミヤマホオジロ。
緊張する‥。

もう少し近づけないかな。

あっ、飛んだ。
なんと、こっちにやって来た!

でもこれじゃあ‥。

「 お願い、こっちを向いて~。」
と テレパシーを送ってみましたが、効果なし。
ミヤマホオジロ君、非情にもそのまま背を向けて飛んで行ってしまいました。


8時を過ぎた頃から太陽が顔を出し、
薄暗かった園内が一気に明るくなりました。

遠くから、フィーフィーという鳴き声が聞こえてきます。
ウソの群れです。
雑草の穂先にとまって、夢中で種をついばんでいます。

10羽程度の群れの中に、アカウソ(オス)が混じっていました。

研究林を流れる幌内川。

あちらこちらにできていた氷の塊がほとんど消えました。

ミソサザイです。

雪の上を歩いて、小さな虫を狙っています。

キツツキの仲間も元気いっぱい。
あちらこちらから 木の幹や枝をつつく音が聞こえてきます。

コゲラ

オオアカゲラ

池でダイサギを見つけました。
夏羽ではないけれど、風で乱れた羽がきれいでした。

まだ雪は残っているけれど、そこここに春を感じる1日でした。
外歩き、止められません。



撮影日    2014/3/12
撮影場所   苫小牧市


2 件のコメント:

  1. おまささん、こんばんは
    プチご無沙汰です(^.^)

    ミヤマ君、残念でしたぁ・・・
    近いうちに会えますよ、それにしても同場所と思うのですが
    多くの小鳥たちが見れますねぇ

    アカウソなんて素敵な色合いですね、ベニバラウソみたいで雪に一層映えています

    ジッジッジのミソ君がいたりと良いFieldですね
    それぞれの景色が一歩一歩、春の足音が聞こえてきそうです。

    返信削除
    返信
    1. Papilio 様
      おはようございます。
      プチご無沙汰でした。

      北大研究林はとてもいいフィールドです。
      一昨年までは、越冬カワセミやヤマセミなども姿を見せてくれていました。
      自宅から1時間ほどで通える距離ですし、雪も恵庭の1/3くらいなのでちょくちょくお邪魔しています。

      削除