2014年1月31日金曜日

ベニヒワ、再び


探しても探しても見つからなかったベニヒワを、行く先々で目にするこの頃。
撮れる時って、こんな感じなんですね。

ロケーションは今ひとつでしたが、
赤い胸をしたオスが撮れました。

こちらはメス。
胸に赤味はありませんが、赤いベレー帽がよくお似合いです。

地面に降りている時は 近距離からでも見つけづらいベニヒワ。

タイミングよく飛んでいるところに出くわすかどうか
どうもその辺が運の分かれ目のようです。




撮影日   2014/1/29
撮影場所   厚真町


2014年1月29日水曜日

待ちぼうけ

ミヤマホオジロが2日連続で同じ場所に現れたと知り、
居ても立っても居られなくなった私。

リベンジを誓い、一昨日いそいそと苫小牧に出かけて来ました。

大雪の降った翌日、しかも通勤時間とあって
普段より1時間近くかかっての到着。

これもミヤマホオジロのため。
さあ、頑張るぞ~。

つる性植物が見渡せる位置に立って
ひたすら待ちました。


(1時間経過)

ミヤマホオジロは一向に姿を見せません。
代わりに相手をしてくれたのは、シジュウカラでした。

普段はスルーしてしまうことの多いシジュウカラ。
この日は何枚も写真を撮らせてもらいました。

(更に1時間経過)

マヒワが1羽、チラッと遊びに来てくれました。


少し離れた疎林にアカゲラの姿も見えました。
でも肝心のミヤマホオジロはやって来ません。


(3時間経過)

じっとしていると足先が寒さでジンジンしてきます。
足踏みしながらつる性植物を見つめ続けました。

でも 現れるのは相変わらず
シジュウカラをはじめとするカラ類ばかりです。

2度あることは3度‥なかったか‥。
がっくり。

大雪にもめげず早朝から出て来たので
「リベンジ失敗」に少々へこみましたが、
こればかりは仕方ないですよね。


気持ちを切り替え、近くを散策しました。

ヒバの種を食べるマヒワや

カサカサと音を立てて幹を登るキバシリ

それに キクイタダキ、ヒヨドリ、コゲラ。
いつものメンバーが出迎えてくれました。

何処へ行っちゃったんだろうな。
ミヤマホオジロ‥。



撮影日    2014/1/27
撮影場所   苫小牧市



2014年1月27日月曜日

研究林の水鳥たち


先日 苫小牧の研究林でオオハクチョウを見ました。
ここでオオハクチョウを見たのは初めてです。

成鳥1羽と幼鳥2羽。
きっと親子ですね。

居合わせた地元の人に聞いてみると
今月の18日から居ついているとのこと。

ずいぶん人に慣れている様子でした。

氷の上では、マガモ達がのんびりお昼寝タイムです。

左羽を損傷したマガモ。
頑張っています。

久しぶりにキンクロハジロ(オス)にも再会 ♪
トレードマークの冠羽、まるで寝癖のついた髪みたいですね。


こちらはホオジロガモ。

幼鳥

メス成鳥


オス成鳥

潜水ガモを見ていると時間を忘れてしまいます。

トップン、トップン。
愉快です。



撮影日    2014/1/25
撮影場所    苫小牧市

2014年1月25日土曜日

ミヤマホオジロ

カメラ片手に歩いていたら
突然 野鳥がミヤママタタビの中に飛び込んで来ました。

何だろう。
絡まったつるの中でごそごそと動いているのが見えます。
ファインダーを覗いて驚きました。

黄色い冠羽に黒い眉斑。
ミヤマホオジロです!

バクバクしながらシャッターを切りましたが、
撮れたのは顔だけ。

右へうろうろ、左へうろうろ。
背伸びをしたり、かがみ込んだり。

でも、どう頑張っても枝かぶり。
というか‥つるかぶり。

これが精いっぱいです。

何枚か写真を撮ったところで、
ミヤマホオジロ君、あっけなく飛んで行ってしまいました。

できれば体全体を撮りたかったなぁ。
せめて上半身だけでも‥。

リベンジリスト、増える一方です。


撮影日     2014/1/25
撮影場所   苫小牧市

2014年1月24日金曜日

ホオジロガモ

研究林の池にホオジロガモが逗留中です。

下の写真は一見するとメス2羽のようですが、
よく見ると目の色やくちばしに違いがあります。

1羽は虹彩が明るい黄色で、くちばしの先端が橙色。

もう1羽のくちばしは真っ黒で、
虹彩は暗く茶色に見えます。

この2羽は、どうやら親子のようです。

上の明るい目をした方がお母さんで、
下の暗い目のが子供。

今まで、ずいぶんメスの数が多いなぁ‥。
と思っていましたが、
あれは幼鳥をメスと思い込んでいたからだったんですね。


2羽はすっかりリラックスした様子で、潜ったり‥

頭を掻いたり‥。

とても長閑な光景でした。


撮影日    2014/1/21
撮影場所   苫小牧市



2014年1月23日木曜日

おチビちゃん達

もうちょっとだったのに‥。

ちょこまかと動き回るキクイタダキ。
この子をちゃんと撮るのは ホントに難しいです。

こちらはマヒワ。
体の色が薄いのがメスで

濃い黄色をしたのがオスです。

そして、マヒワ男女混合チーム。
ヒバの株元に落ちた種子を、夢中で食べていました。


水浴び後の羽づくろいをしているのは、ヒガラです。

濡れてもやっぱりツンツン頭なんですね。


キクイタダキ 10cm
マヒワ   13cm
ヒガラ   11cm

みんな おチビちゃんです。



撮影日    2014/1/21
撮影場所    苫小牧市

2014年1月22日水曜日

キバシリ


苫小牧でシマエナガを見た同じ日、
カサカサと音を立てて幹を登るキバシリにも何度か出くわしました。

この日氷点下20℃まで気温の下がった恵庭でしたが、
苫小牧の最低気温は氷点下10℃。

日中は氷点下1℃前後まで上がり、
風がなく陽射しもあって暖かく感じました。

そのせいでしょうか。
キバシリも水浴びがしたくなったようです。

入浴後は、羽を広げ

ブルブルブル‥

あっ、ここにもキバシリが居た!

 2週間ほど前にはカラ類しか相手をしてくれませんでしたが、
この日は他にもキクイタダキ、マヒワ、ホオジロガモの親子などにも会えました。

続きは次回に‥。



撮影日  2014/1/21
撮影場所    苫小牧市


2014年1月21日火曜日

シマエナガ


何もかもが凍りついた寒い日、長都沼の近くで
シマエナガの群れを見ました。


撮影日  2014/1/18
撮影場所  千歳市



こちらは、今日苫小牧で撮ったシマエナガ。

シマエナガのことをアイヌ語で、ウパシチリ(雪・鳥)と呼ぶそうです。
ピッタリですね。


撮影日   2014/1/21
撮影場所   苫小牧市