2013年12月28日土曜日

冬の長都沼 その1

先日久しぶりに長都沼へ出かけました。

沼の両岸付近は結氷し、水面が大幅に減っていました。
対岸の水際に、ぽつりぽつりとマガモが見えます。

雪の上にはキタキツネの残したと思われる足跡がありました。

ぼんやり辺りを眺めていると
突然目の前をカモの大群が飛んで行きます。

オオタカ‥かな。

マガモ達が対岸に落ち着いた頃、
オオハクチョウが次々と沼に戻り始めました。

着水地点に近づくと、ハクチョウ達は羽ばたきを止め

車輪を‥いえ、足を出し

完璧なランディングを披露してくれます。


この日、3度ほど右往左往するカモの姿を見ました。
原因は オオタカとオジロワシです。

立派なオオタカの姿も目撃しましたが、
今回も撮り損なってしまいました。

なんとか撮った証拠写真は 豆粒のオジロワシのみ。
相変わらずのへなちょこぶりです。



撮影日    2013/12/26
撮影場所    千歳市

0 件のコメント:

コメントを投稿