2013年11月7日木曜日

初冬へ


エゾリスお気に入りの大きなマツボックリは、
チョウセンゴヨウマツという松の実のようです。

以前このマツボックリを触った手で うっかりカメラを持ち、
松脂でベトベトにしたことがありました。


エゾリスの手も松脂でベトベト?

雑木林を歩いている時、突然何かが
コツンと乾いた音を立てて落ちてきました。

ドングリでした。

ミヤマカケスが木の上から、こちらを見ています。

以前ここに来たときは
数えきれないほどのドングリが地面に落ちていましたが、
もう食い尽くしたのでしょうか。

それとも落ち葉の下に埋もれて、見つけるのが厄介になったのでしょうか。


この日久しぶりにシマエナガを見ました。

いつの間にか11月。
季節は晩秋から初冬へと、静かに移り変わっていきます。



撮影日  2013/11/2
撮影場所    恵庭市

0 件のコメント:

コメントを投稿