2013年10月23日水曜日

フィールド


昨日、久しぶりに 西島松のフィールドを歩いてきました。

恵庭岳がくっきり‥

ノラニンジン






昨日は、ポカポカと暖かな小春日和でした。

蝶がひらひらと目の前を飛んで行きます。

モンキチョウ


ヒメアカタテハ
寒さに弱い蝶が、どうしてわざわざ北国へやって来るのでしょう。


バッタさんと、にらめっこをしてみました。


草地でベニマシコのオスを見ました。
ヒヨドリが高らかに歌を歌い、アカゲラが勢いよく木の幹をつつきます。
トビを追いかけるハシボソガラス。
平和です。


帰り際、上空をマガンの編隊が飛んで行くのが見えました。

車1車線分はあろうと思われる立派な歩道を歩きながら、ふと
北集園さんの敷地に住みついていたコウライキジを思い出しました。


あの子達はどうしただろう。
近所の農家さんへ 引越したかもしれないな‥。


撮影日    2013/10/23
撮影場所    恵庭市

2 件のコメント:

  1.  野鳥が少なくなったフィールドも、おまささんが歩けば面白いブログネタが出来るので感心します。
     「バッタとにらめっこ」と言っても、バッタ目線は地面に這わなければできないし・・・栗の写真もセンスよく撮っているし・・・コウライキジだって何度か同じ驚きがないと思い出さないだろうし・・・等々
     ブログを見ていると、私もフィールドでの出来事を思いだします。

    返信削除
    返信
    1. ニック様
      野鳥やキタキツネで賑わっていた林や湿地は整備され、すっかり様変わりしてしまいました。
      フィールド横にできた遊水地が立派で驚きました。
      春にシギが来てくれれば‥などと夢をみています。

      ヒメアカタテハは寒さに弱い蝶らしいですが、毎年南から移動して来るのだそうです。
      まるで開拓者のようです。

      削除