2013年9月30日月曜日

マガンねぐら立ち 宮島沼


マガンのねぐら入りを撮り損ねた次の日、
深夜に目が覚め眠れなく私は、
突然ねぐら立ちを撮りに行くことを思いつき、
そして実行に移してしまいました。

潮騒のメモリーを繰り返し歌いながら運転すること1時間ちょい。
宮島沼はまだ真っ暗でした。

キャハハン、キャハハン!
4万近くのマガンの鳴き声が、暗闇を満たします。


数日前の昼間、当たり前のように突堤から沼を眺めましたが、
この日はゲートが施錠されていて、中に入ることができませんでした。

そのうちゲートが開くかもしれないと、しばらく待ちましたが開く気配はなく
観察小屋に続く塀付近で写真を撮りました。

沼から畑へ向かう群れ(北東の方向)

塀の覗き窓から見た沼の様子(西)

北東方面

気温が低かったせいか、沼は朝霧に覆われて霞んでいました。
鮮明な写真は撮れませんでしたが、それはそれで趣がありました。

駐車場に引き返す途中の風景が また幻想的で、
我を忘れて夢中でシャッターを切ってしまいました。

沼近くの畑


立ち込める霧の中を、2台の車がゆっくりと走って行きました。

いくらか霧が晴れて

西の空が青く見えるようになったので


沼に戻ってみると
対岸に、わずかに残ったマガンの姿がありました。


後で分かったことですが、
ゲートは、春と秋のマガンの飛来期に
突起付近への人の立ち入りを制限するために作られたようです。

マガンのストレスを軽減すること、
沼全体をねぐらとして使えるようにすることを目的としているそうです。

夜目にぼんやりと見えた沼の手前に、マガンの姿がありました。
どうやら目的は達成されているようです。

昼間は自由に突堤へ出入りできますが、朝は中に入れません。
ねぐら立ちのときは、観察小屋、覗き窓つきの壁付近でご覧になることをお勧めします。



撮影日   2013/9/28
撮影場所    美唄市

2 件のコメント:

  1. いやぁ、思い切って出かけた甲斐がありましたね
    映画のワンシーンを切り取ったようで素晴らしいの一言です
    こんな時って一人で見ているのが惜しくって誰かに見せたい
    思いに駆られます
    マガンも素晴らしいし、空の色も全部です

    2枚目と10枚目が特に気に入りましたぁ
    やはり美的センスがないとこうはねぇ・・・・(^_-)

    返信削除
    返信
    1. papilio 様
      ありがとうございます。
      実物はもっともっと素晴らしかったです。
      霧の立ち込めた沼や田畑は、幻想的で感動しました。
      誰かに見せたい‥。そうですね。私もそう思いました。

      美的センスを持ち合わせているかどうか、あまり自信はありませんが、そう言って戴けてありがたいです。

      削除