2013年5月15日水曜日

ヨシガモ ・ イスカ


1週間ほど前に、近所の公園で見つけたヨシガモ。

目を離している間に姿を見失ってしまい
てっきり何処かに行ってしまったと思っていましたが
どっこい、同じ池に留まっていました。

取りあえず、何枚か写真を撮らせてもらいホッ‥。

池には既に、顔なじみの写真仲間の姿もありましたし
少しして、カメラを持った青年も現れました。

さすがヨシガモの人気はすごいです。


何枚かヨシガモに写真を撮らせてもらえたので、
公園のすぐ近くにある林を散策することにしました。

ここを通ったのは、何年かぶり。

そこに居たんです!
まさかまさかの、イスカさまが‥。

ひょえ~、そのまま、そのまま。

イスカ(メス)

イスカ(オス)


イスカは、ほとんどの時間を高いポプラの上で過ごしていましたが、
ときおりアカエゾマツに下りてきてくれました。

ひたすら待って、待って。
下りて来たわずかな時間にシャッターを切る。
この繰り返しで、何枚かイスカと分かる写真が撮れました。


※※※ ※※※ ※※※


家に戻る前に、もう1度ヨシガモの様子を見に行くと
居ました、居ました。

うっとりとするような美しさです。

1週間前には気づきませんでしたが、
ヨシガモの右の羽がかなり傷んでいるのが分かりました。

なるほど‥。
この池に留まっていること、腑に落ちました。

以前にヨシガモを見つけた場所は、
ハイマツの枝が池の縁にせり出している所でした。

飛ぶことのできないヨシガモにとって、
きっとそこは、身を隠すことのできる唯一の安全な場所だったのでしょうね。

このヨシガモが、ちゃんと飛べるようになるまで
羽が回復するかどうかは 分かりません。

できればそうなって欲しいけれど
そうでないなら、せめてこの池が ヨシガモにとって快適なものでありますように‥。

撮影日 2013/5/14
撮影場所 恵庭市

4 件のコメント:

  1. 近所のヨシガモを見に行って、イスカの雌雄に出会うとは、なかなか、強運ですね。

    今日、私もヨシガモのチェックに行ってきました。
    やはり、右の羽を痛めているようで、数枚の写真を撮影して、ブログでレポートしました。

    返信削除
    返信
    1. ジャニーギター様
      イスカ、イスカと言いながら、内心はもう二度と会えないんじゃないかと思っていました。
      ずっとポプラの上に居たら、きっと見つけれなかったでしょう。ラッキーでした。

      ヨシガモのレポート、拝見しました。とてもよく出来ていて感心しました。

      削除
  2. 私も早速ヨシガモを見に行ってきました。
    確かに右側の羽が痛んでましたね!
     この池に来て何らかの出来事で羽が痛んだのか?
     痛んだ羽でやっとこの池に来たのか?
     いずれにしても、池が氷結するまでに羽が治癒してくれればと願うしかないですね。

    返信削除
    返信
    1. ニック様
      羽を傷めた渡り鳥を何度も見てきましたが、いつもどうしてやることもできないので辛いです。
      できるだけストレスのかからないように、静かに見守っていきたいですね。

      削除