2013年4月6日土曜日

ベニマシコ


西島松のフィールドに向かう途中で見た光景です。


 何十本という高木が 根ごと抜かれ、整地前の荒れ地に転がっていました。

荒れ地は いずれ宅地や商業地になるとのことですが、
抜かれて間のない木々の葉は まだ生き生きとしていて
むき出しの根が痛々しく見えました。

ここで毎年子育てをしているオオジシギ、今年はどうなっちゃうんだろう‥。
いい引っ越し先が見つかるといいんだけど。



 倒されたネコヤナギの花芽が、池の水にぼんやりと映っていました。

小さな池の跡地は、コンクリートで覆われた貯水池になり
その奥には公園ができるのだそうです。


倒木のそばで、小鳥の鳴き声がしました。
ベニマシコ(メス)でした。


民家の前を通り過ぎたとき、ナナカマドの木がなくなっていることに気づきました。
初めてキレンジャクを撮った思い出の木‥寂しいな‥。


※※※※※※※※※


フィールドの歩道は雪が減って、歩きやすくなっていました。

ベニマシコ(オス)




沼を過ぎて少し行った所で、ダイサギが飛んで行くのを見ました。
しまった!沼に居たんだ‥。

フキノトウ

 あっ、ここにもベニマシコが居た!


フィールドには他にも、マガモ、コチドリ、キジバト、アカゲラ、ハクセキレイ、ツグミ、
ヤマガラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラスなどが居ました。


2 件のコメント:

  1. 整地作業が始まっているのは、恵み野駅西口土地区画整理事業のことですか?
    結局、人間の都合の良いような開発を進めると、環境を変えてしまうことになりますね。
    野生動物も、住みにくくなり、自然に恵まれた・・・なんて、うたい文句は、絵空事(笑)

    ベニマシコも戻ってきましたか、最近、同じアトリ科のヒワ類を多く目にするようになりました。
    オオジシギ、オーストラリアから戻ってきたら、ビックリするでしょうね。
    でも、大丈夫だと思いますよ。
    我が家に近い漁川など、付近でオオジシギが営巣している場所がたくさんありますので、良い場所を見つけるでしょう。

    このコメントに入れた、私のブログのリンク先は、最近、新たに作ったミラー・サイトです。
    今のブログを提供しているぷららのブローチが不安定ですし、近いうちに閉鎖されそうな予感がするので、手を打っておきました。
    内容は、従来サイトと同じですが、ファイル容量が大きいので、写真を大きなサイズにしています。

    返信削除
    返信
    1. ジャニーギター様
      恵み野駅西口土地区画整理事業。そうです!そうです!
      関係者の話によると、5年かかってやっとここまでこぎつけたとのことでした。
      オオジシギをはじめとする野生動物の逞しさを 信じたいと思います。

      カワラヒワをよく見かけるようになりました。
      コロコロという可愛い鳴き声を聞くと、春がきたんだなぁ‥と嬉しくなります。

      ミラー サイトって言うんですね。ひとつ賢くなりました。早速お気に入りに入れておきました。ありがとうございます。

      削除