2013年4月1日月曜日

ウトナイ湖 ねぐら立ち

ウトナイ湖のマガンの数がピークを迎えているというので
昨日、張り切って行ってきました!

家を出たのが、午前4時20分頃。
ウトナイに着いたのは、5時前でした。

地面には霜が降り、手袋をしていても指先が痛いほどでしたが
申し分のないお天気に大満足。

けあらしです。

マガンの群れも 霞んで見えます。

突然、地響きに似た音がして、マガン達が一斉に飛び立ちました。

赤味を増した東の空にも

 月の残る西の空にも、マガンがいっぱい‥



顔を出した太陽が、けあらしの立ちのぼる湖面に映し出され

 それはそれは、とても幻想的でした。

やがて第2陣が飛び立ち、群れは赤い太陽を横切って行きました。

 息を呑むような美しい風景でした。



 明るくなるにつれ、手のかじかみがなくなり

夢の世界から解き放たれた気がしました。




少しして 残っていたマガンの群れも、明るくなった空に飛び立って行きました。

生まれて初めてのマガンのねぐら立ち。
暗い道を走った価値があったと思いました。

2 件のコメント:

  1. 早起きして、行った甲斐がありましたね。
    「月に雁」も決まりましたね。
    ただ、広重の月に雁は、ねぐらへ帰るところなので、逆パターンというところが、面白いです。

    返信削除
    返信
    1. ジャニーギター様
      はい、頑張った甲斐がありました。
      飛び立つ前の、あの地響きのような音が忘れられません。

      広重のあの迫力には到底及びませんが、月の近くを飛んでくれたので嬉しかったです。
      余談ですが、あの絵に描かれた鳥、マガンでもないし、ヒシクイにも見えません。で 調べてみたら、コクガンとありました。
      なるほど‥あれはイメージで描かれたものだったんだ‥と納得しました。

      削除