2013年3月31日日曜日

グランドキャニオン 番外編

さて、いよいよ今回でアメリカシリーズも終わりになります。

最後に登場するのは、グランドキャニオン ビジターセンター前にあった‥大きな天然石。
(もしかしたら、天然石じゃないかもしれないけれど‥。)


樹を取り囲むように円形に並べられた石は、
人が腰掛けるのにちょうどよい高さになっていました。
無造作に座ってふと横を見ると‥

アンモナイトの模様や



三葉虫風の模様が彫られていました。

これが本物だったら自慢できるんですけれど‥。
残念ながら、こんなのしか撮れませんでした。

大渓谷に免じてお許しを‥。

グランドキャニオンは、デッカイかいよ~!

とうとうグランドキャニオンともお別れです。

行よりも遙かに揺れの激しい小型飛行機で、必死に撮った写真を最後に
今回の旅行記(?)の幕を閉じたいと思います。

時間の流れを無視した行き当たりばったりの記事に
我慢強くお付き合いくださいまして、どうもありがとうございました。



おまけ

ブログを見てくださった化石博士によりますと、上の写真は全部本物の化石だそうです。

1枚目は、ジュラ紀以前のアンモナイト
2枚目は、古生代の直角貝
3枚目は、古生代の珊瑚(藻類)の化石
4枚目は、三葉虫。

いずれも1.5~4.0億年前の地層にある化石で、
グランドキャニオンの比較的下方の地層から
観光用として引き上げてきた物と推測されるということでした。

化石さん、偽物扱いしてごめんなさい。
そして化石博士、本当にありがとうございました。

4 件のコメント:

  1. お疲れさま・・・・・。
    楽しませてもらいました。

    返信削除
    返信
    1. ジャニーギター様
      初めは旅の疲れが残ったままで、とんちんかん。
      途中からPCの見すぎで頭がぼんやりして、とんちんかん。
      にもかかわらず、ずっとお付き合いくださってホントにありがとうございます。

      削除
  2. わぁ~ 今度は化石ですか!
     写真で見る限り、どれも本物の化石と思います。
     写真1のアンモナイトは北海道で見られる種より相当古い少なくともジュラ紀以前のものと思います。
     写真2は古生代の直角貝ですね。
     写真3は古生代の珊瑚というより藻類の化石かな?
     写真4は三葉虫で実際の大きさは何センチほどありましたか?
     どれも、1.5~4.0億年前の地層にある化石なのでグランドキャニオンの比較的下方の地層から観光用として引き上げてきた物と思われます。
     最後の写真は飛行機から撮ったのですね、なかなか見られないスケールの大きい写真ですね!
     お疲れさまでした。

    返信削除
    返信
    1. ニック様
      え~!え~!え~!
      これって本物なのですか?てっきり偽物かと‥。(汗)
      人が腰かけるためのベンチに、本物の化石を使うなんてすごいですね。
      それにしても、惜しいことをしました。
      岩石には、こんなのがい~っぱいあったのになぁ‥。
      ちなみに三葉虫は大きいので20cm くらいだったと思います。

      ニックさんの博識のおかげで、化石が偽物扱いで終わらずにすみました。
      本当に、どうもありがとうございました!

      削除