2012年11月25日日曜日

川霧

冷え込んだ昨日の早朝、川霧が撮りたくて
近所の公園に行って来ました。

池にはカルガモや

ハイブリッドガモ

 それにマガモなどのお馴染みの面々がいました。

最初それほどでもなかった川霧でしたが、

時間を追うごとに濃くなって 

とても幻想的でした。

何の気なしに振り返ると、
そばの大木にダイサギがとまっているのが見えました。

飛び立たないかとしばらく待っていましたが、一向に飛ぶ気配がありません。
逃げないで欲しいときは、すぐ逃げちゃうのに‥。
こんなもんですよね。

寒い寒い11月の朝。

美しい冬の光景がありました。

4 件のコメント:

  1. こんばんは ひとしです。

    ダイサギやアオサギなど、図体の割りにかなり臆病ですよね。
    コサギは上記に比べやや寛容の気もしますが・・・。
    それと、首を伸ばしているときなどピントを合わせるのにいつも四苦八苦しています。
    ですから、結構身近な存在なのに、私のブログには滅多に登場しません。(笑)
    苦手な鳥の一つです。
    朝霧は逆光で撮ると、一層引き立つみたいですね。

    返信削除
    返信
    1. ひとし様
      こんばんは、ひとしさん。

      人馴れしているサギは意外なほど大胆ですが、そうでないのはホント臆病ですよね。
      コサギ、こちらではめったに見られません。羨ましいです。
      川霧と水鳥の組み合わせは以前から撮りたかったものの一つですが、経験不足でご覧の通りです。(恥)
      精進せねば‥。

      削除
  2. 池で「けあらし」が発生していたのですね。
    真冬並みの寒さと、まだ、暖かめの水温が、芸術作品を見せてくれたのも、早起きしたご褒美だったのでしょう。

    私も、当日、漁川下流ででダイサギを見かけましたが、けあらしの発生はなかったです・・・・。
    もう、日も上がっていたので、当然ですね。

    返信削除
    返信
    1. ジャニーギター様
      早起きは得意なのですが、寒さは苦手。
      でも寒い日でなきゃ撮れない現象も多いので、頑張っています。
      写真は7時20分から7時50分頃にかけて撮りました。
      少しタイミングがずれれば、温泉池(?)にはお目にかかれませんでした。
      ホントはウトナイ湖に行きたいんですけど、ちょっと遠くて‥。

      削除