2012年7月12日木曜日

ノゴマ


先日旭岳でギンザンマシコを狙っていたら‥

「喉の真っ赤な鳥がいたんですけれど、あれはいったい何でしょう?」
と、尋ねている人がいました。

きっと初めてノゴマを見たのでしょうね。
かなりエキサイトのご様子。

「 あぁ、ノゴマだ‥。」
という年配カメラマンの答えは、あまりにも素っ気なく
その男性はちょっとがっかり‥。

本州では殆ど見る機会のないノゴマ。

こんな喉の赤い鳥が、ひょっこり目の前に現れて
誰だって驚いちゃいますよね~。
すごい鳥を見つけちゃった!
って具合に‥。


下の写真は河川敷近くの林縁で撮ったノゴマです。

真っ青な空を背景に見るノゴマもいいけれど‥


緑を背景にしたノゴマの美しさは格別 ♪

ひゃ~、真っ赤だね~。


風に吹かれて、ゆ~らりゆらり。

そして、このみにくいあひるの子は
やがて美しいノゴマに成長する‥はず‥?

幼鳥って、ホントよく似ていますよね。
識別するのに苦労します。

間違っていましたら、ご連絡くださいませ~。


2 件のコメント:

  1. ノゴマの幼鳥で間違いありませんよ!!
    やっぱり、ノゴマは緑の中で映えますね。
    このブログの前のギンザンマシコもハイマツに映えていましたね。

    返信削除
  2. ニック様
    ノゴマの幼鳥で大丈夫でしたか。
    ホッとしました。
    親と一緒なら分かりやすいけれど、単独でいると難しいです。

    背景が緑だと鳥は美しく見えますね。
    鳥と緑との距離があればもう少しボケ味が出せたかも‥。
    なんて‥贅沢は言えませんよね。
    幼鳥まで見ることができて幸運でした!^^

    返信削除