2012年7月6日金曜日

ギンザンマシコ


一昨日、写真仲間がギンザンマシコのリベンジに旭岳へ行くというので、
「それなら私も~!」と、便乗させていただくことになりました。

出発は早朝、3時50分。
旭岳ロープウェイに着いたのは、8時前でした。

陽射しがなくガスが立ち込める現場はひんやりと肌寒く
なるほど、これが標高1,100m の寒さかと納得。


10分後に着いた姿見駅(標高1,600m )は、更に寒く
散策コースにはまだ雪がたっぷりと残っていました。

まさか7月になって、雪の上を歩くとは思わなかったなぁ~。


第3展望台までえっちらほっちら。
なんだ坂、こんな坂~♪

展望台に着いた時、辺りにはまだガスが立ち込めていました。

まっ、そのうち晴れるでしょう。

キョロキョロ周りを眺めていたら、シマリスが登場~!
あれ、シマリスってこんなに小さかったっけ‥。

毎日さわらを見てるせいか‥な?



よ~し、じゃあ本腰を入れてギンザンマシコを待つとしますか‥。

三脚にカメラを固定し、
さあ、いつでもおいで~♪

‥しかし、現れない。
待つこと数時間。

やっと出てきたギンザンマシコは遙か遠く、豆粒のようです。

それでもガスも消えて視界が良くなったし、
初見初撮りの鳥だし、
気合を入れて写真を撮りました。

比較的近くにやって来たギンザンマシコのオス。 

飛んでる、飛んでるぅ~。

 緑の中のギンザンマシコって、ホントに綺麗。

うわぁ~、オスが2羽になった! 

うへぇ、オスとメスが揃った!

良かった~。

すぐ近くとはいかないけれど、
何はともあれ念願のギンザンマシコが撮れた ♪
しかも、番いの写真まで。


またガスが流れて来て、辺りは煙幕を張ったよう。
潮時かな?

レンズを200mmに交換し荷物を片付けていたら‥

「あっ、メスがそこにいる!」の声。
何処だ、何処だ?
‥そこだ~!

ハイマツの上にひょこっと現れたメスは、今までで1番近い。

ドックン、ドックン、ドックン!
200mmのレンズで、パシャ、パシャ、パシャ!

何枚か連写して、ふと視線をずらすと
なんとそこには真っ赤なオスの姿。

「オスが右にいますぅ!」
うわずった声で知らせた後

今度はオスをパシャパシャ!

ドクドクドク!

もう1回、メス。

 今度は、オス。

ドクドクドク! 

ふぅ~、こりゃあ心臓に悪い。

何年か越しの憧れのギンザンマシコ。
こうして、撮ることができたのでした。

めでたし、めでたし。

写真仲間のみなさま、またまたお世話になりました。
この場を借りて、お礼申し上げ奉り候 ♪

0 件のコメント:

コメントを投稿