2012年6月30日土曜日

望岳台 ナキウサギとビンズイ


数日前、写真仲間らにくっついて 望岳台に行って参りました。

真っ青に澄み切った青空。
噴煙を上げる十勝岳。

あ~、テンションが上がります!


雪渓のある風景は、なんとも美しい~。
岩を覆う白い花は、イソツツジです。

アップにすると、こんな感じ。
キレイですね~。

キチッ、キチッ!
雪の近くに現れた、ナキウサギ。

お久しぶりです。

おやおや、
こちらは完全に岩に同化していますね~。

岩場に腰かけて じっとしていると
にぎやかな鳥の鳴き声が聞こえてきます。

この鳴き声の正体は‥

ビンズイ!

ハイマツの上にとまっているのも‥

やっぱり、ビンズイ!


望岳台のハイマツ帯には、ビンズイがいっぱいでした。

お目当てのギンザンマシコは‥
影も形もなし。

やっぱり旭岳に行かなきゃ無理なのかな~。
でも‥遠いしなぁ。

2012年6月27日水曜日

オオジシギ幼鳥(?) のち カワラヒワ


早朝庭の写真を撮っていると
上空をひっきりなしに2羽のオオジシギが行ったり来たり‥。

気になる‥。

露出補正とISO感度を設定し直し狙うけど
‥なにしろ遠い。

そうこうしてるうちに1か所から鳴き声が聞こえてくるようになったので
何処かにとまっていそうだと、オオジシギを探してみるとこにした。

鳴き声は何処から聞こえてくるのかな?
おぉ、居た、居た。

やっぱり‥電柱でござった。


このオオジシギ、なんとなく仕草が子供っぽい。
少し離れた所に居るもう1羽が、親鳥のように見える。

電柱から飛び出すところを撮ろうと、しばらくカメラを構えていたが
嘴を背中に埋めて眠ってしまった。

はぁ~負けた。
まだ朝ご飯も食べてないし、家に戻るとするかな‥。

電柱から離れた途端、
もう1羽のオオジシギが幼鳥のそばの電線にとまった。

慌てて写真をパシャ!
この写真では分かりにくいけれど、心なしか大きく見える。

そばに寄ると、こちらはすぐに草原に降りてしまった。


親子なら、あまり邪魔をしてもかわいそうか‥。
よし、今度こそ帰ろう。

帰り道、青空を舞う2羽のカワラヒワを発見。


絡み合うように飛んでいる。

これってラブラブの証?
それともトラブルの証?


真っ青な空に、カワラヒワの黄色い羽がとてもキレイに見えた。

2012年6月23日土曜日

訪問者


今年は例年よりも庭仕事を頑張っていて、
鳥見に出かける回数がかなり減っています。

で‥今日は近場も近場。
我が家の庭にやって来た生き物の写真で、
むにゃむにゃと誤魔化すことにしました。


ヒメウスバシロチョウ(多分)

マルハナバチ

里帰りしたシジュウカラの子

ちょっと前はこんなだったのに‥

あっという間に大きくなったね。

戻って来てくれて、ありがと。

 巣立ちの前日、巣穴に入りかけたモズのこと。
巣立ち直後、庭に居たトラ猫やカラスのこと。
いろいろな事を思い出しました。

無事でよかった。

カラスには気を付けるんだよ‥。

2012年6月22日金曜日

野道を歩けば


西島松のフィールドが、今とてもキレイです。

歩道の両側には、ムラサキツメクサが永遠と続き‥
まるで紫の絨毯を敷き詰めたようです。

レッドカーペットを歩く気分で、1人小道をてくてく。

これはハルジオンかな‥

あっ、ノビタキのヒナだ‥

こちらは、パパ。
お花畑で、ゆらゆらと揺れています。

ママは枯れ枝にとまっていました。

パパとママに守られて、すくすくと育つちびっこ

これは コウライタンポポ

ほら、しっかり足を踏ん張って!

風に飛ばされないようにね。

草に隠れるように、ひっそりと咲くルピナスや 

マーガレットの白い花

野道を歩けば‥
ちょっと幸せな気分になれるかも。

寒い初夏、思いっきり息を吸い込んでみました。

2012年6月20日水曜日

ホオジロ


イソヒヨドリを撮った後、駐車場付近で‥


ホオジロ(オス)にバッタリ ♪

なかなかの美声です。

家に戻って本を見ると、
ホオジロは「一筆啓上仕り候」と聞きなされることで有名
とありました。

そうか、「一筆‥」はホオジロの鳴き声だったか‥。


 今度会った時は、気を付けて聞いてみようっと!

ホオジロさん、またよろしくお願いします。
できれば、こんな感じの多年草の上でさえずって頂けると嬉しいです ♪


えへへ‥

イソヒヨドリ

普段海から離れて暮らしていると‥


 海のある風景に出会うと、ちょっとドキドキします。


 岩礁の上にとまっているのは、イソヒヨドリのメス。


オニシモツケの向こうに見える切り立った断崖を目指して‥


たくさんのウミウが飛んで来ます。



断崖に、1羽のイソヒヨドリ(オス)がいるのを見つけました。

証拠写真だけでもと、写真に収めましたが‥まるで豆粒です。
(写真は かなりのトリミングをしています)


見られただけでもいいか‥
と思っていましたが、しばらくして
30m離れた電柱にとまってくれました。

そろそろと近づいて‥飛び立ったところをパシャ!

ちょっとピントが甘いけど
赤と青の魅惑の鳥、イソヒヨドリのオスです。



帰りがけ、シジュウカラらしき小鳥を鷲掴みにしてして
飛んで行く猛禽を見ました。

断定はできませんが、ハヤブサのように見えました。
我が家で巣立ったヒナを思い出し、チクッと胸が痛みました。


2012年6月14日木曜日

フクロウ ヒナが巣立ってた!


ついにあの小さなフクロウの森に
ロープが張られ、カメラマンが戻って来た‥

誇らしげな顔で枝にとまっているのは、ベテランお母さん。

こちらは、ヒナ(2番子という噂)

 くりくりの目がかわいいね ♪

そして、こちらが1番子‥らしい。

 結構な高木の上で‥

ブラブラブラ~♪

落っこちないでね。

ヒナは全部で2羽。
今月初めに当ブログに掲載した、あの洞から
1週間ほど前に、巣立ったらしい。

年老いたカメラマンの言ったことは、
本当だったんだなぁ‥。
よかった。(涙)


 お母さん、お母さん。
ホントにおめでとう。

 おチビちゃん、お母さんの言いつけを守って‥

 立派なエゾフクロウになるんだよ。

 きっとだよ‥。