2012年3月10日土曜日

謎の水鳥

昨日、苫小牧方面へ行ってまいりました。

ウトナイ湖を埋め尽くしていた氷は あっという間に消えてしまい
間近に見られる野鳥の姿は激減し、
数羽のオナガガモを見るだけになってしまいました。



10日前にウトナイで撮った写真に、豆粒ですがヨシガモが写っていました。
逆光だし、景色の1部としか見ていなかったので酷い写真です。
よ~し、リベンジ~だぁ~!

というわけで、昨日は目を皿のようにしてヨシガモを探しましたが
残念ながら発見できず‥。
うぅ‥ぐやじい。


双眼鏡で覗くと、対岸から続く氷の上にカモメの仲間が1羽
それにホオジロガモ、オナガガモ、ミコアイサ、ダイサギの姿が見えました。

あまりにも遠すぎるので、写す意欲が湧いてきませんでしたが
ミコアイサが飛んで来たので、一応パシャパシャとシャッターを切ったら‥


なんと、またしても気になる鳥が写っておりました。

側頭部が白い。
何じゃ、この鳥は?


なにしろ、豆粒のような写真を無理やりトリミングしていますので
ぼんやりした写真ですが、
この謎の水鳥の正体って いったい何でしょうね?

また何かの交雑種でしょうか?

ウトナイ湖、遠くても丁寧に写真を撮らねば‥。
学ばない私。
改めて猛反省をしたのでありました。

2 件のコメント:

  1. コオリガモのメスの可能性はありませんか?

    返信削除
  2. ジャニーギター様
    ひどい写真なのに、ちゃんと考えてくださったのですね。
    どうもありがとうございます。
    手元の写真を拡大してみましたが、どちらかと言うと
    ずんぐりした体形に見えます。
    顔は茶色で側頭部だけが白いのです。
    まるでマーカーでラインを引いたようです。

    返信削除