2011年7月8日金曜日

バン 

今までも 何度か見かけたことはあった「バン」ですが 
先日初めてカメラにその姿を収めることができました!
情報源の写真仲間に感謝です。

繁殖期は嘴と額板の赤がいっそう鮮やかになるとのこと。
池を泳ぐバンは、まさにその通りテカテカの赤でした!


草の繁みから現れたヒナと親鳥。
まだ幼いヒナは、親にそっくりです。


小さくても嘴は赤く、その先端はよく見ると黄色。
体は黒いふわふわの羽でおおわれています。
水上では、ちょっとカイツブリの子にも似ています。


泳いでいるときは分かりませんが、
陸地に上がると子供でも結構逞しい足をしています!
さすがクイナの仲間ですね~。


親鳥と一緒にス~イスイ ♪


暖地では2、3回繁殖するというバン。
真っ赤な嘴をした親鳥は‥


2羽で草地に上がったかと思うと‥
交尾を始めました。
寒冷地でも2番子までは大丈夫なのかな?





小さな調整池には、バンがいることを教えてくれた仲間の他
顔見知りのご夫婦にも会えました。
1人では耐えられそうもない夏の日差しでしたが、
みなさんのおかげで写真を撮ることができました。
その節は、どうもお世話になりました。
ぺこり‥ 


2 件のコメント:

  1. バンの撮影おめでとうございます。
    しかもヒナまで収めることが出来たとは大成功!
    暑さの中、頑張った甲斐がありましたね。
    ヒナの姿は初めて見ましたが、ふわふわの羽毛以外は、すでに親の様相を呈していたのですねぇ。
    ヒナは1羽だけだったのでしょうか?
    カモ類みたいに多産じゃないのかなぁ?

    返信削除
  2. sorapuchi 様

    臆病なバンですから、なかなか近くから写真を撮ることができません。
    と言うか‥撮影場所には池の周囲にフェンスがあるので、物理的にも近寄れないんです。
    それでもヒナを見ることができたのは、ホントに嬉しいことでした。
     
    ヒナは最低でも5羽いました。
    それぞれがバラバラに行動することが多く、5羽が揃うことは殆どありませんでした。
    くっついて行動するカモ類とは、ずいぶん違うんですね。

    返信削除