2011年1月29日土曜日

ユカンボシ川で見つけた

冬でも凍らないユカンボシ川には、いろいろな野鳥が集まります。
 

真っ黒頭の セグロセキレイに、


ひっそりと佇む地味なアオシギ。


水浴びに来たヒヨドリやツグミ。
カモやカラ類。


そして、それを狙う猛禽類。
 
ユカンボシ川は小さいけれど、
厳冬に生きる生き物にとって恵みの川 です。
 
 
撮影 1/29 恵庭公園

2011年1月27日木曜日

冬の恵み野中央公園

ここ数日は除雪作業から開放され、ちょっぴりのんびりモード ♪
昨日は近所の公園まで、ぶらぶらお散歩に行ってまいりました。
 

久しぶりの図書館

恵み野国際スキー場(?)には、保育園児がいっぱいでした。
そりすべりは 楽しいよね~♪

小さな池には20羽前後のカルガモとマガモが数組、
それにコガモがちらほらおりました。


細い高い声を出して、マツで鳴いていたのは ヒガラ。


途中でシマエナガの群れに会いました。


いつ見ても


かわいい鳥です。


鳥の姿がほとんど見えない時も、必ず相手をしてくれるヒヨドリさん。
いつもお世話になっています。

この日は他にも、
キクイタダキ、シメ、ハシブトガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、
ツグミ、ハクセキレイ、ハシブトガラスなどの野鳥がおりました。
 
そしてキクイタダキは、やっぱり手強い相手でした‥。
 
 
撮影 1/26 恵み野中央公園 

2011年1月26日水曜日

冬の恵庭公園

厳しい寒さで殆どの沼や川が凍りついているけれど、
恵庭公園を流れるユカンボシ川は 湧き水のせいでこの通り。
 
この日も、ヤマゲラが楽しげに水浴びをしていました。
 

彫刻公園の池は、一部薄氷が張っていました。
池に居たのは、マガモ達です。



川のそばの林では、エゾリスが元気いっぱいに走り回っていました。
 

森の中では2羽のアカゲラが、激しく鳴きながら飛び回っていました。
これが何故か、メス同士‥。


枝に積もった雪も飛び散り‥

 
羽をばたつかせ
 
 
にらみ合って‥
 



森の中は、野鳥でいっぱいでした。
大きなドラミングの主は、オオアカゲラ。
鈴の音のような鳴き声は、キレンジャク。
コゲラにハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、
ミソサザイにヒヨドリ、ツグミ‥。

冬も逞しく生きる小さな生き物達に、心から敬意を表します!

 

 撮影 1/25 恵庭公園

 

 

おまけの話

「花咲かおまさ」のブログ「花咲か日記」の更新が
しばらくできなくなってしまいました。
プログラミング班(娘)が頑張ってくれておりますが、
回復の見通しが今のところ立っておりません。

野鳥日記は大丈夫ですので、今後ともよろしくお願いします。

2011年1月24日月曜日

オジロワシ 幼鳥

前回に引き続き、先日行った鵡川で見つけました。
オジロワシの幼鳥です。
堤防の上にとまっていましたが、こちらに気付きふわ~り!
 
 
見事な逆光でしたが、翼に陽が射して結構キレイでした。


すぐに飛び去ってしまうかと思ったら‥
 

何故かこちらに向かって飛んで来て、


その美しい姿を披露してくれました。
さすがオジロワシ。
幼鳥でも風格があります。

この日は帰り際に土手上でコミミズクをチラッと見ましたが、
山を張って粘った所には1度も姿を現してくれませんでした。
代わりにオジロワシが相手をしてくれたのかもしれませんね。
オジロ君、ありがとう ♪
 
 
 
撮影 1/21 鵡川




2011年1月22日土曜日

コクガン

昨日 写真仲間で、「沙流川、鵡川行き」の話が持ち上がり
それではと、またまた参加させて頂くことになりました!

コミミズクが出るにはまだ早い時間だったので、
まずは水鳥探しでもと、鵡川の漁港に。
  
漁港では、ヒドリガモの群れがのんびりと採食中でした ♪
「ふむ、結構かわいい。」
 
早速写真を撮っていたら、仲間の1人が
「あれ、何だろう?1羽だけちょっと変わったのがいるよ!」
ありゃ、ホントだ。慌てて、そちらに向けてカシャり、カシャリ!
  

ヒドリガモと一緒に居たのは、コクガンでした。
 
初見のコクガンに「あれは、シジュウカラガンに違いない!」と大騒ぎの私。
大変お騒がせしました。ガセでした。‥すみません。

ヒドリガモとコクガンは、
まるで昔からの仲間のように寄り添って海藻を食べています。


兄貴、今日は天気がいいっすねぇ。
あぁ、そうだねぇ。


あら、あなた!
コクガンさんは、仮にも国の天然記念物なのよ。
兄貴呼ばわりは、失礼っていうものよ!
 
いかん、いかん。つい‥。
 

ヒドリガモの群れに混じって、のんびりと採食するコクガンは
なんだか幸せそうに見えました。

お尻の白いコクガンは、なかなかステキなナイスガイでした。

2011年1月20日木曜日

キレンジャク

去年の暮れに恵庭公園で見つけたキレンジャク。
あれからナナカマドを見る度、目をさらのようにしてその姿を探してきました。
でも居るのは、いつもヒヨドリばかり‥。
そろそろ街路樹にキレンジャクが来てもいい頃なんだけどなぁ~。

上の写真は、1週間ほど前に撮ったナナカマドの実です。 

そして、これが今日のナナカマド‥。
 
え~!ウソ~。実がなくなってる!
チェックしてきたナナカマドが、ほとんど食べられてスッカラカン状態です!
 
そうか、「さわら」に現を抜かしている間に
きっとキレンジャクの群れがやって来たんだ。
 
肩を落としてトボトボと 帰路についてはみたけれど、
どうしても諦めきれません。

もう一度だけ‥。
引き返してナナカマドを見ましたが、やはりダメ。

あれ?あの群れになって飛んでる鳥。
もしや‥。小走りで駆け寄り、建物の影から覗くと‥。

や~!キレンジャクだ~!

いきなり現れたキレンジャク。まさか、こんな所で?

人通りが多い場所なのでキレンジャクは落ち着かず、

近くの高木や電線とナナカマドの間を ‥

行ったり来たり。

憧れのキレンジャク。
やっとオリンパスで撮ることができました。

諦めないってこと、大事なんだなぁ~ ♪

2011年1月19日水曜日

コウライキジ

コウライキジは、鳥見を始めた頃からの憧れの野鳥でした。
 
なんとか写真を撮りたいと あちこち探してみましたが、
撮れた写真はどれもポンコツ写真ばかり。
縁がないのかなぁ‥と諦めかけていましたが、
昨日ようやくその姿を捉えることができました。
 
雪原で植物の種を探している、2羽のコウライキジ(♂)です。
 

仲良く並んで餌探し

どうだい、種はありそうかい?

つがいもいいけれど、友情もいいもんですねぇ。


そっちに何かあるのかな?

木の下で一休み

2羽のコウライキジは

前になり、後ろになり

楽しそうに雪原を歩いていました。

先に飛び立った 1羽を追いかけるように

もう1羽も飛んで行きました。
美しい姿でした。
 

 
撮影 1/18 長都

2011年1月16日日曜日

オオタカ 幼鳥

美々川で撮った写真です。
雪はそれほど多くないのですが、寒さはそれなり。
でもこの日は風がなく、比較的過ごしやすい日でした。
 

橋の上から様子を窺っていると、1羽の猛禽がこちらに向かってやって来ます。
トビじゃない、ノスリでもチュウヒでもない‥。 
カラスよりちょっと大きいくらいでしょうか。 

オオタカ?でも何かが違うような‥。

図鑑を見て、オオタカの幼鳥だと判りました。
 
お腹や胸に細い横縞の入る成鳥と違い、
幼鳥には黒褐色の縦斑が目立ちます。

上から見ると、翼や背中の色は茶褐色です。
成鳥の濃青灰色とはやっぱり違いますね。

でも鋭い目は、どちらも同じ。
さすがオオタカ、かっこいいです。


 
撮影 1/14 美々川