2010年8月31日火曜日

オオルリ 幼鳥

できそこないの写真が2枚。
  

1枚は、顔の写っていないこの写真。
 
尾羽が青いし、背中の一部も青い‥。
何だろう。ルリビタキ?

もう1枚は、ピントがボケボケのかなり残念な写真。
 
振り向いた顔は茶褐色で、目はくりくりのコサメビタキ風に見える。

家に戻って調べたところ、
どうやらオオルリの幼鳥らしいと判明。

え、こんな所に?
と思うような小さな公園で見つけたオオルリの幼鳥。
う~ん、リベンジしたい!
明日、また行ってみるかなぁ。

ムクドリ

群れになって暮らすのは、なにも人間に限ったことじゃない。
  

繁殖が終わったのでしょう。
最近ムクドリの大群を見る機会が増えました。

騒音や糞害で話題になることの多いムクドリですが、
ムクドリにしてみれば「 そんなの人間の都合でしょう 」
ということになるのかな‥。

青空の下 飛び交うムクドリの姿は、楽しげで とてもキレイに見えました。

2010年8月30日月曜日

イソシギ

三重湖公園にいたイソシギです。
木陰でのんびりしていたら、近くに遊びに来てくれました。
 

でも、悲しいことに逆光。
画像処理を頑張ってみましたが‥
 

やっぱり、お顔が暗い。
ロケーションが良かっただけに、ちょっと残念でした。
がっかり ‥。

2010年8月29日日曜日

ハクセキレイ

去年は気付かなかったけれど、
この時期には幼い鳥がいっぱい。 
 
このハクセキレイも まだ体全体が灰褐色だし、
嘴の付け根が黄色い。
まだ、ちびっこだね ♪
 

でもこうして飛んでいる様は なかなか堂に入ってるね ♪


昔は冬には本州へ渡っていたようだけれど、
今では北海道で越冬する個体が増えたとか‥。
 
やっぱり温暖化が進んでいるのかなぁ。

2010年8月28日土曜日

カワラヒワベビー

身近によく見かけるカワラヒワですが、
かなり臆病で近づくとすぐに逃げてしまいます。

でも、この時のカワラヒワは何故か遠くに飛んでいかない。
 

ラッキー ♪ と、そばまで寄って行ったら
なにやら近くで か細い鳥の鳴き声が聞こえてきます。

何だろう‥。

えっ? 何だ、このモヒカン?
 

カワラヒワの成鳥のチュイーン、チュイーン!という鳴き声が、
ひっきりなしに聞こえてきます。

そうか このモヒカン、カワラヒワの雛だな‥。

思わず笑ってしまうような、モヒカン頭のカワラヒワベビー。
かわいかったなぁ~。
 
パパとママの言うこと、ちゃ~んと聞くんだよ。

2010年8月26日木曜日

カワセミと猫

今日は久しぶりに爽やかなお天気!
空を見上げれば、うろこ雲がいい感じ ♪
窓からの写真じゃなんだから、近くの公園にでも行ってみるかな。


あ~、残念。着いた時にはうろこ雲なんて何処にも無い。
ちょっと遅かったか~。
 
おや、あんな所に猫ちゃんが‥。

あれ‥レンガの上にいるのはカワセミかぁ?

やっぱりカワセミだ。

ものすごい集中力だけど、
猫ちゃん、もしやあなたカワセミを狙っているわけじゃぁないよねぇ。

ちょいと、カワセミ君。
近くに猫がいること、気付いてる?
 
 
あぁ、ダメ!止めて~!


‥って、微動だにしないカワセミ君。

あぁ、大丈夫っすよ。
あの猫は、トンボを追いかけてるだけっすから。
 

余裕で餌までゲットしたカワセミ君。
私なんかより、一枚上手の肝の据わった ちびっこでした。

2010年8月25日水曜日

マガモ

久しぶりに訪ねた、苫小牧 北大演習林の池。
マガモの数がずいぶん増えていました。
全部で‥30羽くらいでしょうか。
  

陽だまりで寛ぐマガモ達
 

羽を広げて、片足を上げて
伸びをすると、気持ちいいんだよなぁ‥

心なしか、体が小さめのマガモが多い気が‥。
今年生まれた子かな?

あぁ‥痒い、痒い!

2010年8月22日日曜日

おんぶカイツブリ

またまたカイツブリの登場です。
南幌の公園内にある沼は、なにしろカイツブリがいっぱい。
    

こちらは、クールにお一人で


ブルブルブル!
羽はキレイ。 でも、目が ちょいと怖い。
 

こちらはまだ小さな雛と親鳥


さあ、ついていらっしゃい。
 

水草があるから、気をつけるのよ。
 

おんぶしましょうね。
 

ね~んねん ころり~よ~♪ 

おこ~ろりよ~♪


ママの背中は最高だね。


そうだね。なんたって、僕達のママだからね。


坊やは、良い子だ~、ねんねしな~♪

2010年8月20日金曜日

カイツブリ

どこにでもいるカイツブリ。
でも思うように近づけなくて、撮れる写真はピンボケばかり。
 
それでも南幌育ちのカイツブリは 結構肝が据わっているようで、
近くから写真を撮らせてくれました。
  

沼では、何組かのカイツブリが子育て中でした。
「ピピピピピ」というかわいい鳴き声が、あちらこちらから聞こえてきます。


お、いたいた。
オレンジ色の嘴と、縞模様の この姿。
親鳥の後ろにいるのは、まぎれも無いカイツブリの雛です。
 

え?ちょっと待って。
雛って言っちゃったけど、この大きさ。
もしかして、親より大きい?
 

大きな口を開けて、親鳥から小魚をもらって食べているところ。
嘴から魚の尾が見えています。

よかったね。
 

こちらの雛は、まだ幾分小さいかな。
それでもおんぶする時期はもう過ぎたみたい。

雛を見守る親鳥の視線が優しいなぁ。


目の色も、雛と親鳥では全く違います。
これがいずれ、薄黄色に黒の「ビックリまなこ」になっちゃうんだなぁ‥。
 

お~、身体か傾いている。
ものすごい勢いで泳いでいるのかな。
かわいい!

南に渡って行くまでに、しっかり食べて大きくなるんだよ。

2010年8月19日木曜日

アオバト リベンジ編

南幌の公園でバンを撮ったとの情報あり。
観察頻度の少ないバンと聞いては、じっとしていられません。
今日もお天気は最高だし、これは行くしかないでしょう~♪
  

お~、なかなかいい感じの公園じゃない ♪
よ~し、待ってろよ。バン!

という声が聞こえたのかどうか、すぐ横の草むらから飛び出す2羽の鳥。
水面を走るように移動するその姿は‥
あ~、バンだ~!
いきなり現れたバンに驚き、シャッターを押す余裕すらない私。
アホです。

あっという間に掻き消えたバン。呆然と立ち尽くす私の前に現れたのは‥。

あれ~、アオバトだ。 しかも、近い!

お願いだから飛んで行かないでね。
はい、そのまま~、そのまま~。


うわぁ~、かわいい、かわいい。


きゃ~、かっこいい!

せっかく近くで見つけたバンだったのに、結局1枚の写真も撮れず終い。
でもこの南幌の公園には野鳥がいっぱいでした。
アオバト以外にも、ハイタカ、カイツブリ、キジバト、カワラヒワ、
ハクセキレイ、ムクドリ、カルガモ、アオサギ、それからシギの仲間。
それにどうやらカワセミも出るそうです。

近くに現れたバンやハイタカの写真を撮ることができなかったのは、残念!
カイツブリは親切に相手をしてくれました。
その写真は次回に掲載予定です ♪

2010年8月18日水曜日

アオアシシギとソリハシシギ

鵡川に行ってまいりました。  

そろそろシギの仲間が見られるのではないかと気になっていたところへ
写真仲間の方々が鵡川に行くという情報をキャッチ。
それでは私も と、同行させて頂きました。 

ところが‥


いざ鵡川に着いてみれば‥
 
なんと数日前の大雨で、河口に通じる橋が壊れてしまったとのこと。
ひえ~、こんなことってあるの?

せっかくここまで来て‥と がっかりしていたら、
他のメンバーは川の中をずんずん進んで行くではありませんか。 

あ‥待って。私も行きます。バシャバシャ!
 

いきなりのアクシデントに遭遇したものの、
なんとかクリアーできて一安心。
さあ、シギを探すぞ~!

お~、いた。いた。3羽のシギ!
2羽の嘴は反り返ってる。さてはソリ‥なんとかシギ?
もう1羽は大きくて足が長いね。何だろう?


仲良く餌探ししている2羽。
 
帰宅後図鑑で確認したところ
左側がソリハシシギで、右側 はアオアシシギと判明。


アオアシシギは、ちょっと細身の背高ノッポさんです。

濡れた嘴が光に反射して綺麗‥キラッ!


渡り鳥の餌場、休息地、中継地として 重要な鵡川河口周辺。
ワクワクするような場所ですが、今回は長居ができません。
 
なんでも地元の方のお話では、
満潮になると崩壊した橋付近の水かさも一気に増えるとか。
あまり長居していると戻れなくなるから早めに戻るよう、とのことでした。

「そろそろ帰るか。中州が見えなくなってきたぞ。」
その言葉を聞いて大慌て。
数時間前までトウネンらしきシギが群れていた中州は、
ほとんど水に隠れてしまいました。

シギ達も飛び立って行きました。
私達も戻ります。

次に来る時は、橋が直っているといいなぁ。

鵡川撮影に同行させて頂きありがとうございました。
皆様の足手まといにならぬよう気をつけますので、
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。