2010年7月9日金曜日

ベニマシコ

初めてお目にかかります。
 
まん丸のかわいい黒目と、長~い 尾羽。
‥あぁ、あなたが噂のベニマシコ婦人なのですね。
 

そうです。私がベニマシコ(♀)。
殿方のように赤い羽根は持ち合わせてないけれど、
このシュッとした尾羽が ちょっとイカシテルでしょう?
 

では、こちらの鮮やかな赤い衣をお召しになった方が
ベニマシコ男爵というわけですね。

 
左様。私がベニマシコ男爵(♂)である。
どうだね、緑の葉に私の赤いマントが映えておるであろう?
 
はい、それはもう‥。(おまさ)
 

草原に見え隠れしていることの多いベニマシコ。
見つけたと思っても、すぐに姿を消してしまいます。
 
生い茂る葉にピントがあって なかなかちゃんとした写真を撮れませんでしたが、
写真の樹には少しの間留まってくれました。

澄んだキレイな声でさえずるベニマシコ。
草原で見つけた赤い鳥は、ドキドキするような鮮やかさでした。

4 件のコメント:

  1. ベニマシコ、よくぞ撮れましたね!
    ソラプチの川原にも時折見掛けるのですが、生い茂った草の中を飛び回るもので、いまだ写真に収めたことがありません‥
    でも本当に緑の中の紅色は美しいですねぇ。 私も、いつの日か撮ってみたい鳥リストに登録いたします。
    素敵な写真を有難うございました。

    返信削除
  2. sorapuchi 様

    はい、ノビタキのように草の穂先に止まってポーズをとってくれればいいのですが、すぐに逃げてしまいます。
    きっと恥ずかしがり屋なのでしょう。
    草原でも何枚か写真を撮っていますが、ボケボケでした。
    上2枚はかなりの距離から撮った写真です。
    下の2枚は、ジリジリと接近して撮りましたが、それでも15m前後はあったかな‥。
    大接近の難しい野鳥は、どうしてもピントがあまくなってしまいます。
    まだまだですね。頑張ります。
     

    返信削除
  3. ちょっとした情報で、よくぞ、いい写真をものにしてきますね! 野鳥は常に動いていますので、昨日がこうであっても、今日がその通りとはなかなかいかないものです・・
     ブログだけ見ていると、いとも簡単に撮れたように見えますが、影で苦労されているのでしょうね!
     私にも、そのコツを教えて下さいよ? ただで!

    返信削除
  4. ニック様

    コツ‥そうですね。お教えしてもいいのですが、「ただ」となると ちょっと難しいですね。(笑)
    冗談はともかく、私などはどちらかと言うと運のない方ですよ。
    これは!と思う野鳥に出会うときに限って撮影モードが狂っていたり、
    触ってもないのに設定が変わってしまていたりと、ついていません。
    悔しくて 時々何かに八つ当たりしたくなりますので、
    カメラが直るまで私に近づかない方がいいかもしれません。^^
    怖いですねぇ~。

    返信削除