2010年6月22日火曜日

ホオジロ

フィールドで見つけたホオジロです。
 
どうやら巣の近くに来てしまったようで、
なかなか私から離れていきません。
 
 
そこそこの距離から、用心深くこちらを見ているオス。
 
 
かなり近くまでやって来て様子を窺っているのは、メス。
くわえているのは、ヒナに与えるご馳走の虫です。
 
 
「う~ん、まだかなぁ。子供達、お腹すかしてるんだけど。」
 
 
 
 母は強し!
この後大接近してきたホオジロのママに叱られ、
這々の体で退散した私でありました。
 
ホオジロさん、ごめんなさい。
 
Posted by Picasa

4 件のコメント:

  1. この時期、野山は子鳥の子育てで大忙しですね。
    ホオジロの大アップ写真はどれも溜息ものです。
    特に最後のホオジロママ‥喉の奥まで見えてますよ。
    一見、地味で目立たない鳥だと思っていましたが、お腹の羽毛はこんなにも美しい鳥だったのですね! 

    人を恐れずに大接近のホオジロママ‥どこの世界でも母は強いのだと再認識いたしました。

    ところで、その後のカメラの具合は如何でしょうか?

    返信削除
  2. sorapuchi 様

    ホントに、何処も大忙しですね。
    普段は臆病な鳥も子育ての時にはとても勇敢。
    人にも怯まない親鳥の姿には 感動してしまいます。
     
    それから、カメラは直しに出すことになりました。
    前回の修理から半年間は無料で修理して頂けるとのこと。
    ホッと一安心です。
    ただ、庭はこれからがちょうど見ごろ。
    来月中旬頃に日通のピックアップサービスを受けるつもりでいます。
    ご心配をおかけしました。ぺこり。

    返信削除
  3. ホオジロすごく鮮明に撮れていますね!
    おまささんの場合、きっと心優しさを知って威嚇は少しで写真を撮って!という感じで近づいてくれてるよ・・
     “母は強し”は鳥見を始めた頃から感じていました。
     どの野鳥も、子育てのときは一杯虫を子供に食べさせていますが、もし、野鳥が虫を餌にしなければ世の中はどれだけの虫が氾濫しているのでしょうね! こわっ!
     
     

    返信削除
  4. ニック様

    優しいお言葉、ありがとうございます。
    子育て中の邪魔はしたくないけど、写真は撮りたい。
    この狭間で、気持ちは揺れ動きます。

    野鳥と虫‥そうですよね。
    春にイラガの硬いマユが割れているのを見る度、野鳥に感謝しています。
    もし鳥がいなければ‥考えただけで、ゾワゾワです!
     
    お師匠様もフィールドで、ホオジロの写真を撮られたとか。
    もしかしたら 見つけられたのは、出入り口の近くではありませんか?
    そうなら、同じホオジロ夫婦かもしれません。^^

    返信削除