2010年6月28日月曜日

マガモの親子 その1

「マガモの親子が近くで見られるよ。」
写真仲間からの情報に、大急ぎで駆けつけると‥

ホントだ。いた、いた! 


しかも、近い!
 
人への警戒心はほぼ皆無かと思われるような
マガモの親子がお出迎えしてくれました。


  
お母さんガモに守られて、ちびっこはみんなリラックス ♪
 
普段見ることのできない生き生きしたマガモの表情、
最後まで見てやってくださいね。
 

羽、まだ小さいなぁ。
  

立ち上がった!

あはは‥阿波踊りみたい。

 
飛ぶのはまだっちょっと無理‥かな?
  

ごろ~ん。
 
 
陽だまりで、羽づくろい。
  

なんだか、だんだん眠くなってきたぞ~。
 

強くて賢いママ。
勇敢で働き者のママ。
ママは僕達の自慢なんだ。

他のカモ仲間がそばに来ると、ものすごい勢いで追っ払ってくれるんだよ。
「隠れなさい」とか「こっちにいらっしゃい」とか
いつでも僕達に優しく教えてくれる。

ママは世界一のママなんだ。

マガモの親子 その2

幸せいっぱいのように見えたマガモの親子と別に
池には2羽の小さなヒナがいました。

小さな小さな2羽のヒナは
 

何処に行くのも一緒です。
  


ピッタリと寄り添って離れません。
  

わずかな人の気配に怯え、草むらから逃げ出すヒナ。
お母さんはどうしたの?

ちゃんと餌を食べているの?


残された2羽のヒナ。
小さくて頼りなげな ちびっこを守る姿は、何処にもありませんでした。
 
がんばれ、ちびっこ。
生き抜いて、ちびっこ。

2010年6月26日土曜日

ノビタキの子育て 

ノビタキ一家のちびっこ、目に見えて大きくなってきました。
 

つい数日前までは オネダリさえすれば、
パパとママが美味しい虫を持ってきてくれました。  

  
今日も同じように 「お腹すいたよ~。」
と、お口をぱっくり開けて催促してみたのだけれど‥。
 

パパは知らん顔。
  

あれ?どういうこと?
 

気を取り直して、
パパ~、お腹すいた~!
 

これ、いつまでもパパやママに甘えていちゃいけないよ。
おまえはずいぶん大きくなった。

‥‥‥
 

‥ってなことを言ったかどうかは分かりませんが、
その後親鳥は飛び立ってしまいました。、

ポツンと残されたヒナ。
きっと、子離れ、親離れの時期が近づいているのでしょうね。
 
大丈夫。おちびちゃん、君ならきっとできるよ。
 

2010年6月22日火曜日

ホオジロ

フィールドで見つけたホオジロです。
 
どうやら巣の近くに来てしまったようで、
なかなか私から離れていきません。
 
 
そこそこの距離から、用心深くこちらを見ているオス。
 
 
かなり近くまでやって来て様子を窺っているのは、メス。
くわえているのは、ヒナに与えるご馳走の虫です。
 
 
「う~ん、まだかなぁ。子供達、お腹すかしてるんだけど。」
 
 
 
 母は強し!
この後大接近してきたホオジロのママに叱られ、
這々の体で退散した私でありました。
 
ホオジロさん、ごめんなさい。
 
Posted by Picasa

2010年6月20日日曜日

再びコヨシキリ

どんよりと曇り空の日、時々ポツリと雨が落ちてくる。
そんな日にわざわざ外にでなくてもいいようなものだけれど、
時間が空くとついカメラを持って出かけてしまう。
 
 

葉が茂り、鳥見に厳しい季節だけれど、
ノビタキとこのコヨシキリだけは親切だ。
この日もちゃ~んと、草むらから出て来てくれた。
 

草の穂先をソングポストに‥ということは、あたなたはやはり男の子?
   

こちらは毛虫君。
どちらが頭なのかよく分からないけど、
上の方に乗っかった小さな水滴が面白い。
 

どうぞ、遠慮なく唄ってくださいまし。


では失礼して、
ジョピリリ、キリキリピッ、ケケシケケシ、ピスイピスイピスイ ♪


見事な歌唱力でございました。
ステキな彼女が見つかるといいね。

2010年6月16日水曜日

キジバト

つがいでいることの多いキジバトだけれど、
この日は5羽が同じ枯れ木にとまっていました。
  
 
ちょっとヨーロッパの雰囲気‥。
でも、ここは恵庭。 
 
 
下の写真は、札幌の公園で撮ったキジバトさん。
 
あれ?後ろのハト、様子がおかしい。
もしかして、怪我をしてるのかな?
 
 
と心配していたら、何事もなかったようにスタスタ歩き始めました。
なんだ‥ノビをしていたのか。
 
 
と思っていたら、突然コーナーで羽を上げてバタリ。
 
 
え~、これってまさか擬傷行動?
 近くをもう1羽がスタスタと歩いて来たけど‥。
 
 
お、チラ見して通過。
 
 
1人残されたキジバトさん。
こちらを気にしている様子。
 
何だろう、近くに雛か卵でもあるんだろうか。
擬傷行動ってコチドリやシギに多いって聞くけれど、キジバトでもある?

新米バーダーおまさには、まだまだ不思議なことばかりなのでした。

チビッコはがんばっている マガモ編

公園の池などでもよく見かけるマガモです。
冬に比べるとその姿は減りましたが 道内では留鳥で、もちろん繁殖もします。
 
そして、今はちょうど子育ての時期。
かわいい雛の姿を見たいものだと、
ここ数日は あちらこちの池や湖沼を彷徨っておりました。
  
  
上の写真は長都沼で見つけたマガモです。
オスとメスの割合は、およそ3:1といったところでしょうか。
 
群れから少し離れた場所に、
いたよいたよ。やっと見つけた!
 
 
マガモの親子に間違いありません。
 
  
チビッコは、5羽か。ふわふわで、かわいいなぁ。
 
 
道内で見るカモの親子は、ほとんどがマガモだそうです。
ここにはもう1組の親子がいましたが、やはりマガモ。
そちらは7羽のチビッコ連れでした。
 

フフ‥1人前に泳いでる。
ママの言う事をよく聞いて、立派な大人になるのだよ。

写真を撮らせてくれて、ありがとうね。

2010年6月14日月曜日

チビッコはがんばっている シジュウカラ編

久しぶりの恵み野中央公園。 
「何だろう、ずいぶん賑やかな声が聞こえてくるけど‥。」
  
 
 
「あっ、シジュウカラのファミリーだ!」
 

 
「黄色いくちばし。まだまだひよっこだね。」 
違います、シジュウカラでち。
  
 
ママ~、おいちい。
  

 
頂戴、頂戴。もっと頂~戴。
 

 
あたち、餌はまだ取れないけど、羽づくろいならできる。
 


ほらね、上手でち。
 
気持ちの良いお天気。
シジュウカラ一家の子育てを見ながら、
幸せいっぱいの私なのでした。
 
みんな~、立派な大人になるのだよ~!