2010年5月27日木曜日

孤高のヒシクイ?

下の写真は、今年の3月中旬に沙流川付近の畑で見たヒシクイです。
群れになって 仲良く落穂を食べていましたが、
こちらに気付いて一斉にバサバサ!


これは、同時期のウトナイ湖。
  

ここにもヒシクイがいました。
でもこのヒシクイは、何故だか仲間と離れて1羽だけ別行動‥。 



‥そして下の写真は、今月中旬に同じ場所で撮ったもの。
コブハクチョウ数羽に混じって、同じ個体と思われるヒシクイが1羽。

何で、仲間と一緒にシベリアに帰らなかったの?
 

だって‥。
 

だって‥。

時々、旅立つことのできなかった旅鳥を見ます。
怪我をしていたり、はぐれてしまったり。

1羽だけ ぽつんと残されたように見えるヒシクイ。
今度仲間と一緒になったら、離れるんじゃないんだよ。

2 件のコメント:

  1. 一人ぼっちのヒシクイ、水辺に佇んでいる姿がほんとに寂しそうです・・・
    一体、どうして取り残されてしまったのでしょう?
    此処でヒシの実をいっぱい喰べ早く元気になって、また仲間と再会出来る事を祈っております。

    返信削除
  2. sorapuchi 様

    お返事が遅くなって申しわけありませんでした。

    ヒシクイ‥、そういう目で見るからでしょうか。
    とても寂しそうに見えました。
    怪我をした様子もなく、病気でうずくまっているわけでもないので、
    もしかしたら「はぐれヒシクイ純情派」?

    仲間との再会、どうか叶いますように‥。

    返信削除