2010年5月31日月曜日

メジロ

去年はほとんど見かけなかったメジロですが、
今年は行く先々でよく見かけます。


何度見てもこのアイリングがかわいい ♪


クエッ!クエッ!クエッ! チョコボ~ル ♪


私の友人は ついこの間まで、このメジロがウグイスだと信じておりました。
ちなみに 私がメジロをメジロと認識したのは、約20年前‥。
同じような誤解をしている人、けっこういるんじゃないかなぁ。

‥私達だけかぁ?

2010年5月28日金曜日

ヒドリガモ


今月中旬、ウトナイ湖で見たヒドリガモです。
君達はまだ、北に戻らないの?

それどころじゃないんだって!


なぁに?いったいどうしたっていうの?
 
 

あたふた‥


おい、こっちだ!逃げるぞ!


何を慌てているのかと思えば、なんと上空にはオジロワシの姿。
北に戻るのが遅れているのは、どうやらヒドリガモだけじゃなかったようです。

 
ついでに私のブログの更新も遅れがち‥。
今回も2週間遅れの掲載となりました。
あ~、早く更新せねば。

2010年5月27日木曜日

アカゲラ vs オオアカゲラ

オオアカゲラのオスとメス、それにアカゲラのオスが加わって
ヒッチャカメッチャカの大騒動‥というのはちょっと大げさですが、
この日の恵庭公園はアカゲラ達の鳴き声で賑やかでした。


オオアカゲラのオスです。
普段ならこれほど近くに寄れないと思うのですが、
アカゲラとの小競り合いで人間になんて構っていられない様子。

お邪魔いたしま~す ♪
  

オオアカゲラのメス。
アカゲラのオスとちょっぴり揉めていましたが、
喧嘩は男同士に任せたと お食事モードに突入です。
 

うわぁ~、なんだか虫さんがいそう ♪


キョッ!キョッ!キョッ!
 
あら、ずいぶん賑やかだこと。
ダーリンったら、まだアカゲラ君と決着がつかないのかしらん?
 

まぁ、あの人ならきっと大丈夫。
あ~、お腹すいた~。
 

(オオアカゲラのオス)
う~、しぶとい奴だ。
ここは、我々のテリトリーだぞ!
 

にらみ合うオオアカゲラとアカゲラのオス同士。
 

(アカゲラのオス) こっちだって必死なんだよ~!
(オオアカゲラのオス) なんだと~、彼女もいないくせに!

5月下旬、野鳥界は恋の季節。
あちらこちらで繰り広げられるバトル、面白いなんて言ったら不謹慎かな?

孤高のヒシクイ?

下の写真は、今年の3月中旬に沙流川付近の畑で見たヒシクイです。
群れになって 仲良く落穂を食べていましたが、
こちらに気付いて一斉にバサバサ!


これは、同時期のウトナイ湖。
  

ここにもヒシクイがいました。
でもこのヒシクイは、何故だか仲間と離れて1羽だけ別行動‥。 



‥そして下の写真は、今月中旬に同じ場所で撮ったもの。
コブハクチョウ数羽に混じって、同じ個体と思われるヒシクイが1羽。

何で、仲間と一緒にシベリアに帰らなかったの?
 

だって‥。
 

だって‥。

時々、旅立つことのできなかった旅鳥を見ます。
怪我をしていたり、はぐれてしまったり。

1羽だけ ぽつんと残されたように見えるヒシクイ。
今度仲間と一緒になったら、離れるんじゃないんだよ。

私は だあれ?

困った、困った。どうもウグイス科の仲間は、識別が難しい。
アップしようと思いながら、そのままになっていた写真。
そうだ、こうなれば物知りのブログ仲間のお知恵を拝借しよう
って、考えが甘いでしょうか?
 

今月中旬、恵み野公園内にある常緑樹に飛んできたところをパシャリ。
スズメより小さかったような‥いや、同じくらいだったかなぁ。
放置していた間に私の記憶もボロボロです。

くりくりの目はまるでコサメビタキ。
もしかしてヒタキ科のメスでしょうか?


多分、こちらはオオヨシキリだと‥。
なにせ、信じられないくらいのひどい鳴き声でしたので。
 

こちらは、センダイムシクイでしょうか?
 
無責任と思いつつ、丸投げ?
心優しく博識のあなた、是非ご意見を‥。

2010年5月25日火曜日

キンクロハジロ

なかなか近寄ることができなかったキンクロハジロですが、
苫小牧にある北大演習林の池で見つけてからは接近戦が可能になりました。
 
下のミコアイサと一緒に写っている3枚の写真は、
その北大演習林で 3月下旬に撮ったものです。


仲の良いツガイと一緒に‥。


なんだいお前達。くっついてくるなよぉ。



こちらはつい先日、同じ場所で撮ったキンクロ。
5月も中旬を過ぎ、マガモが2羽とキンクロが2羽だけの
寂しい池になっていました。
  

前から見れば、普通にかわいい。
 


でも、横からだと思わず笑ってしまいます。
フサフサの冠羽は、まるで辮髪みたいに見えちゃう。
  

これだと寝癖かな。

もうそろそろ姿の見えなくなるキンクロハジロ。
旅立つ前にもう一度写真が撮れて、よかった‥。

2010年5月24日月曜日

キビタキ

緑が一段と濃くなってきた恵庭公園。
あちらこちらから鳥の鳴き声が聞こえてきて、思わずドキドキしてしまいます。
 
どなたか おられますかぁ~?


おぉ‥そこで羽繕いをしておれれるのは、もしや‥キビタキさま?


間もなく飛び去ったキビタキでしたが、
大きなさえずりが、川の向こう側から聞こえてきます。
うん。こりゃあ、渡るしかないね!

川に横たわる倒木の上を、用心して渡って‥
 

いた、いた~! うわぁ、近い。


お‥おじゃましています。怪しい者ではありませんのでご安心ください。


え?そんなことはどうでもいい?
ハンサムに撮ってくれって?
 
お見合い写真がご入用‥
なぁるほど ♪ それで先ほど、羽繕いされていたのですね。
承知いたしました~!

2010年5月21日金曜日

イカル

北海道の桜は、咲き始めたと思ったらすぐに散ってしまいます。
ぼやぼやしていて見損なっては大変と、
恵庭公園へ行ったのは今週の初めでした。
 

おぉ~、咲いている、咲いている ♪
キレイなエゾヤマザクラだ。

ん?あれ?‥桜の下にいる人、もしかして‥お師匠さん?
世間は狭いねぇ。

「何かいましたか?」
「さっきまでイカルがいたよ。」

え?イカル?イカルって、あのイカル?
で‥もういない?
 
しょんぼりしていたら、突然聞きなれない鳴き声とともに
数羽の鳥の影が‥。
何だ、何だ、何だ?
 
あ~!イカルだ!イカルだ!きゃ~。
 

慌てて、パシャリ。 ちょっとイカシた横顔です。
 


まるでメタリックスーツを着たかのように、ピッカピカ。


親しみのある、ずんぐりしたボディー。


丁寧な挨拶。ずいぶんと腰が低いですね。


時おり、よく通る澄んだ声でさえずるイカル。
じっとし見ていると、地上に降りてなにやら ついばんでいる様子。
エゾヤマザクラの種子でも食べているのかな。

「桜と野鳥」を狙って来たものの、まさかイカルを撮ることができるとは‥。
そうそう、「お師匠さんと桜」っていうのもあったなぁ。(写真は撮らなかったけど)

コムクドリ

一昨日、花友と一緒に
恵み野公園を のんびりと散歩してきました。
(正確には、2人と1匹で ♪ )

久しぶりの公園には、満開の桜。
‥昨日の雨風で多分 もう散っちゃったかな‥。
 

下の写真は公園内で見つけた、コムクドリのツガイです。
カエデの新芽を、仲良くムシャムシャと食べておりました。

食べることに夢中なのか、ワンコが一緒だというのに 逃げていきません。
「お~、かわいい ♪」 パシャリ!

はい、じゃあ 枝があまりかぶっていないところも撮っておきましょうね。
撮りますよ~。はい、チーズ!


日の光で、羽色がキレイに見えました。
翼のツヤツヤとした紺や青緑の色彩が、なんともお洒落。
トレードマークの茶色いホッペも、い~い味を出しています。
 

 

こちらはムクドリのメス。
オスに比べると羽色は地味だけれど、愛らしさじゃ引けを取りません。
 

コムクドリは何処にでもいる身近な鳥と思っていましたが、
繁殖地は北海道と本州北部、それにサハリン南部だけというから驚きです。
運良く、子育ての様子を見ることができるといいんだけどなぁ‥。

ともかく、一昨日は近くで写真を撮らせてくれてありがとう。
また会ったときも、よろしくね ♪

2010年5月19日水曜日

渚のオオジュリン

オオジュリンです。ウトナイ湖の波打ち際で見つけました。
 

なにやら口に餌らしきものがいっぱいの、イケメンオオジュリン。
  
そこに現れたチョコボール。‥でなく、オオジュリンギャル。
 
オスと一緒なので そうと判りましたが、
1羽だけなら迷ってしまいそう。 
ホオジロの仲間の判別は苦手です。


黒い頭や喉が男らしい。
 
こちらは、メスの正面顔です。 ちょっと かわいい ♪

ウトナイ湖に既にオナガガモの姿はなく、
ハクチョウもほとんどいなくなっていました。
み~んな無事に シベリアに着いたかなぁ。