2010年3月25日木曜日

クマゲラ そのⅡ

昨日は、文句なしのいいお天気でした。
こうなると、家にじっとしているのは難しい。
 
「北海道では、今日が最後の鳥見だ!」と自らに言い聞かせ、
一昨日撮ったクマゲラ君のもとへ いそいそと出かけてまいりました。
 

よ~し、今日は三脚とリモコンをつけて撮るぞ~!
‥って、その前に同じ場所にクマゲラがいるかどうかが問題だけどね。

不安半分、期待半分で目的地に来てみれば‥
「あ~!いたいた~!」
 


そこには、一心不乱に大工仕事をしているクマゲラ君の姿がありました。


ど~も、お疲れ様です。
今日は、少しばかりヘアースタイルが乱れていらっしゃるようですが‥。

巣穴作りで、身だしなみにかまっている暇がない?
ごもっともです。
  

たまった木屑をポイ、ポイのポ~イ!
「あ~、忙しい、忙しい。」  


申し訳ありません。
その穴をちょっとだけ拝見できないでしょうか?

「はいよ!」

あ、ありがとうございます!
それにしても、ずいぶん深くまで掘り進められましたね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


20分ほど写真を撮ったあと、そっとその場を離れました。
それからしばらくして様子を見にいくと、
相変わらずコンコンと大工仕事中でした。

よかった‥。どうか ここで何事も無く、巣作りが進みますように。
あとのことは師匠にお任せして、しばらく故郷に戻るとしますか。

みなさま、どうかお元気で~♪

2010年3月23日火曜日

クマゲラ

追いかけても追いかけても見つからなかったクマゲラに、
今日やっと会えました。(うぅ‥感動)
 

林の中で見つけたクマゲラは、
落葉樹の幹に せっせ、せっせと穴を掘っていました。


長~い間 1箇所を掘リ続けていたところを見ると、
もしかして巣穴作りかもしれません。


うわぁ~、もしかして ここで子育なんてこともある?
なんて、夢を見つつパシャリ!
 

赤い帽子のよく似合う、ハンサムなクマゲラ君でした。
もうすぐ愛媛に旅立つ私。
 
あ~!後ろ髪引かれる思いだ~。

2010年3月21日日曜日

オオワシ&オジロワシ

前回に引き続き、沙流川河口で見つけた野鳥シリーズ。
今回登場するのは、オジロワシやオオワシなどの猛禽類です。

強い風が吹き荒れるこの日 ちゃんと
ワシ達を見つけることができるかどうか心配していましたが、
心配は無用でした。
 
いるわ、いるわ。1羽、2羽‥6羽。
 

オオワシの成鳥1羽のそばに、5羽の幼鳥がうじゃうじゃ。
さながら、ワシの保育園のようです。

幼鳥達は、み~んなこのオオワシの子供なのでしょうか?


空中で戯れる2羽の幼鳥。
これは、オオワシの幼鳥か、はたまたオジロの幼鳥か?


こちらのチビッコは、オオワシ?それとも、オジロ?
迷いだすと、ますます区別がつかなくなってきますね。


これは間違いなくオジロワシの成鳥。
 

そしてこちらは、オオワシの成鳥。


で‥、こうなると、判らなくなってきます。
う~ん、難しい。どんどん自信がなくなってきたぞ。



嘴がここまでになれば、大丈夫。
そう、これはオオワシのチビッコに間違いありません。


後ろから見ると、こんな感じです。



いや~、オオワシとオジロワシ。
成鳥になれば簡単に判別できますが、
幼鳥時代となると難しいものですね。
  
以前長都沼で撮った写真も、不安になってきました。
オジロワシの幼鳥と断定しちゃったけど、大丈夫‥かな?

2010年3月19日金曜日

クロガモ

昨日お師匠さんが沙流川に行くというので、
これはチャンス!と、再度ご一緒させていただきました。

狙いは旅立つ前のオオワシやオジロワシでしたが、
今日掲載する写真は猛禽とは全く別のかわいい野鳥です。
 

河口付近で、荒波にもまれる小さな黒い影。
かすかに聞こえるピィー、ピィーという笛のような鳴き声。

何だ、何だ?誰なんだ?


え~、何?見たことのない水鳥だぁ。
黒いボディーに、黄色いくちばしか‥。
地味な方は、多分メスかな?
 

この日はかなりの強風で、小さな体は浮いたり沈んだり。
それでもお構いなしに、羽繕いをする謎の野鳥。


僕?僕は、クロガモだよ。
そんなに珍しい野鳥ってわけでもないよ。

ちょいと潜って、エビや貝を食べてるんだ。
春にはいなくなっちゃう冬鳥だよ。


ふ~ん、これがクロガモかぁ。
荒波をもろともせず生きているクロガモちゃん。
かわいい顔に似合わない、そのガッツ。
見習わねば‥。
 

2010年3月16日火曜日

森のフクロウ

森の中のフクロウさん。
斜めに傾いた樹の洞に、ちょこんとおさまっていました。
 

日差しが眩しいよぉ。
   

おっ!目覚めましたか?
パッチリと開いた瞳の中に、キラキラと輝く星ひとつ。
これはどう見ても、少女漫画のヒロインのお顔です。

 
この森の中で、もう1羽のフクロウの姿を見つけました。
私には雌雄の区別もつきませんが、
思わず2世の あどけない顔を思い浮かべてしまいました。

2010年3月14日日曜日

キバシリ

ずっと探し続けていたキバシリを
やっとのことで見つけたのが、今月の6日。
それから1週間しか経っていないというのに
昨日再び、キバシリに遭遇するという幸運に恵まれました。
 
しかも、ち‥近い!距離にして4~5mだったでしょうか‥。
お天気もいいし、最高のシュチュエーション。
 
「まるで“ キバシリの神 ”が、舞い降りたのかのようだ。」
と興奮しつつ、震える手でシャッターを切った私だったのでした。
  

コゲラやゴジュウカラに混じって、樹皮をつついて夢中で餌探し。
 

嘴も、くっきりだぁ~。
 
う‥うわぁ~、めんこ~い!
 
こうなると、チョコボール体型になっちゃうんだよなぁ。
まぁ、それもかわいいんだけど ♪
 
あはは‥忍者だ。
よく見ると、羽毛がちょっぴり乱れてる‥かわいいなぁ。


この日美形のキバシリ達は、ずいぶん長い間
私のへなちょこ撮影に付き合ってくれました。
後で撮った写真の枚数を確認したら、なんと200枚超え。

めったに無いチャンスをつかめたのは、
偶然現地で一緒になった写真のお師匠さんのおかげです。
「キバシリがいるぞ。」の一言がなければ、
気付かず通り過ぎてしまっていたかもしれません。

師匠に感謝しつつ、お先にキバシリの写真を掲載させて頂きました。
まいど!

2010年3月12日金曜日

ヤマゲラ

あちらこちらで目にはするけれど、
なかなかちゃんとした写真を撮ることができなかったヤマゲラ。
撮った写真のほとんどが、頭が写っていなかったり、
ピントがボケボケだったり‥。
 
昨日やっとのことで、近くから写真を撮ることができました。
と言っても、み~んな背中からの写真ばかりですが、
一歩前進と思い掲載することに!
 

↑ 上の写真はちょっと遠くて、
15~20mくらいの距離があったかもしれません。
トリミングしまくりです。
 
この角度からだと見えないけれど、
頭頂部は赤くなっていたから多分オスです。

↑ この写真は、近くから。
10m前後ってことろでしょうか。

おつむのテッペンが、真っ赤です。


↑ こちらはメスです。頭頂部があっさり。
  
えっ?なんにも顔が見えないじゃないかって?
あはは‥。やっぱり?
次には、後ろ姿じゃない写真を掲載できるようにがんばります。
ヤマゲラさん、なにとぞよろしくお願い申し上げまする。」

2010年3月8日月曜日

コウライキジ

ずいぶん前に撮ったコウライキジの写真です。

完全なる後ろ姿だし ピントもあまい。
これではちょっと使えないかなぁ‥と躊躇していましたが、
電線にとまったコウライキジなんてちょっと面白いかもしれないと、
思い切ってブログにアップすることにしました。
 

そして日本犬とくれば、 


♪~  桃~太郎さん、桃太郎さん ~ ♪
 

♪~  お腰につけた きびだんご ひとつ私にくださいな。  ~♪

本当はお猿さんの写真を撮りたかったのだけれど、
ちょっと難しかったのでお団子で誤魔化してみました~。
    
※※※※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

‥で終わるはずだったこのブログ、
なんと 追加写真を掲載することになりました。
  


円山動物園のお猿さん。
しばらく悩んでいましたが、こう申しておりました。

「わたくしは桃太郎さんと一緒に、鬼ヶ島に参る所存でございます。」

おぉ‥完璧!

2010年3月7日日曜日

キバシリ

撮りたいと思い続けていた鳥を見つけたときの嬉しさは、格別。
 
昨日思いがけない場所で、キバシリに出会った。
キバシリは鳥見を始めて間がない頃からずっと狙っていた野鳥だったので、
近くに現れた時はかなりドキドキした。
 

被写体の周りには、遮る枝や葉はない。
「ありがたや~。」と思いながらシャッターを切る。

独特の細長い嘴を見て、嬉しさが増す ♪

横から見ると、白い腹がなんともかわいい。 


この角度から見ると、なんだかサングラスをかけているみたいに見える。
あは‥面白い。

でも‥思った以上のボケボケ写真に、ちょっとガッカリ。
 
これなら、前に証拠写真として撮っていたものと大差ない。
ということで、以前別の場所で撮っていた写真も掲載することにした。
 

上の写真は見事に後ろ姿だけれど、ピントはまずまず。
お天気がいい時に撮った写真だからかもしれない。
 
それにしても改めて写真を見ると、キバシリって本当に木肌とそっくりだ。
 

この写真は、かなりの距離から撮った写真。
  

でもこの日はお天気がよかった。
やっぱり、私レベルの者が野鳥の写真を撮るときは
なんと言ってもお天気のいい日に限る。

恵庭の週間天気予報を見たら、
ずっと雪だるまマークが続いていた。
‥しくしく。

2010年3月5日金曜日

長都沼は大賑わい

このところの暖かさで、長都沼もずいぶん賑やかになってきました。
しばらく見えなかった旅鳥も、元気な姿を見せてくれています。
 
下の写真は、冬鳥のオオハクチョウ。
大きいから、飛ぶと存在感バッチリですねぇ。
 

こちらは、 マガン。
飛んでいるところを下から見ると、
胸と腹の黒い横斑が目立ちます。
嘴の付け根の白が、くっきり目に眩しいよぉ♪
 

大小入り乱れた編隊は、マガンとオオヒシクイで編成されているようです。
マガンとオオヒシクイって、仲がいいんだなぁ~。
 

こちらはマガモとカワアイサです。
カワアイサを見ることができるのも、もう少し?
 

こちらの写真は、オオヒシクイ。
大きさにばらつきがあるのは、個体差なのか?
それともオオヒシクイにヒシクイが混じっているのか?
‥う~ん、難しい。
 

凍りついた沼の上で寒さに耐えるように身を丸めていたハクチョウも、
陽だまりのなかでリラックス。「う~ん、眠いよ~。むにゃむにゃ。」

オオヒシクイやマガン達も、長閑な1日を満喫していますねぇ。


羽を休めて、餌を食べて。
しっかりと体力をつけて長旅に備えてね。

もしかしてこの後の行き先って、宮島沼?