2010年12月28日火曜日

ノスリ

この時期になると人里でも見かけることが多くなるというノスリ。
でもまさか公園内で出くわすとは思っていませんでした。
 

彫刻公園に向かう途中、高木の枝に茶色い塊を発見。
枝にできたこぶなのか、それとも野鳥か‥。
ゆっくりと近づき確認すると

ノスリです。
わぁ~、かわいい顔してる。


あ~、逃げちゃうかな‥。
 

と思ったら、止めてこちらをチラリ ♪
ホント、かわいい。
 
もしかして幼鳥か‥とも思いましたが、
幼鳥なら虹彩がもっと淡い色なのだとか。
童顔の成鳥ってところでしょうか。


あれこれ考えていたら、突然バサリ!
や~、失敗です。

 
気を取り直して冒険広場に向かっていると、
あ、またあの子だ!
近くにいるカラスを威嚇して追っ払っていました。
 
後ろにいるシジュウカラと和やかにツーショットで ♪
 

逆光気味でちょっぴり残念でしたが、
これほど近くから写真を撮らせてくれたノスリは初めてでした。

ありがとう、めんこいノスリちゃん。
もし私の仲間が来ることがあったら、その時はよろしくね。

撮影12/27 恵庭公園

キレンジャク

昨日、久しぶりに恵庭公園に行って参りました。
 
車を駐車場にとめて間もなく、
頭上から鈴の音のような大合唱が聞こえてきました。
え?もしかしてこれって‥キレンジャク?!
慌ててその姿を探したけれど、何処だか分かりません。
 
あっ、飛んだ!
重なる枝の向こうに、100羽近くの小鳥が一斉に舞うのが見えました。
一瞬の出来事にカメラを構える事も出来ず立ち尽くす私。
しまった。証拠写真すら撮れなかった‥。
 
ズングリした体型と、あの鳴き声は多分キレンジャクだろうなぁ。
また出てきてくれるといいんだけど‥。
  

想いが届いたのかどうか。
しばらくして、例の美しい鳴き声が また聞こえてきました。
‥おぉ、いる、いる!間違いなくキレンジャクです。

そろそろと近づいて、とりあえずの証拠写真。
あれ?尾羽の先端が赤い。 
  
たくさんのキレンジャクに混じって、数羽のヒレンジャク。 
うん。まさに教科書通りです。

手前の枝を避け、じりじりと近づいて行くのですが
なにしろ10m近い高木の高い枝にとまっているので、
トリミングしてもこれが限界。 
 
そのうち市街地の街路樹なんかにもやって来るだろうから
その時がチャンスかもしれません。

こちらはキレンジャク。
距離があるので、すっかりリラックスしているようです。
かわいい ♪

待ちに待った、キレンジャクが恵庭にもやって来ました。
庭にリンゴでも置いてみようかな‥。
そんなことをしたら、ヒヨドリだらけになっちゃうかな。

 

 撮影 12/27 恵庭公園

2010年12月24日金曜日

ヒヨドリ

♪~ 赤い鳥 小鳥~、何故何故赤い
赤い実を食べた~♪

赤いナナカマドの実を食べたヒヨドリは、グレーのまま。
赤い小鳥にはなれません。
 

近所のナナカマドの実が少しずつ減ってきました。
ヒヨドリやツグミが、群れになって食べています。  


2年前、同じナナカマドの木にはキレンジャクがいました。
そろそろ来ているかも‥と 何度か足を運んだけれど、
まだ1度もお目にかかれないでいます。


今年はこのナナカマドの実があるうちに
キレンジャクに会えるでしょうか‥。

赤い実、美味しいよ。
早くおいで‥。

撮影 12/24 恵庭

スズメ

ご近所のお宅のヒバにいたスズメ。
じっくり見ると、ちょっとシメの泥棒顔に似ている気がします。
目の縁が黒くて、ホッペのトレードマークがなければ、
‥うん。やっぱり似ている。
 

くちばしもカラ類などのように細くないし、
どちらかと言えば やっぱりシメに近いような‥。

でもパッと見たスズメのイメージは、シメとはずいぶん違います。
ずいぶんスズメの方がかわいい ♪  
( シメ、ごめん )

このスズメ、シジュウカラの真似をして
盛んにバードフィーダーのヒマワリの種を食べようと口にしています。
でも、入れては出すだけで、本当に食べることはできないみたい。
シメなら器用に食べるのになぁ‥。

な~んて、余計なお世話だったかな‥。
( スズメ、ごめん )

 

撮影 12/24 恵庭市(自宅前)

ノスリ

最近になってノスリをよく見かけるようになりました。
林縁の枝にとまっていることが多いといいますが、
目にするのは何故か電柱ばかり‥。
 
そっと近づいて、カシャ!
飛び立ったら、カシャカシャカシャ!
 



撮影 12/17  恵庭(島松)
 

下のノスリも、やっぱり電柱で見つました。
まぁ 飛んでしまえば電柱だろうがなんだろうが一緒だと、カシャリ!

 

撮影 12/19 苫小牧
 

最後のノスリは、長都沼で撮りました。
運転中、車を先導するように低空飛行。
スピードを緩めて後を追いかけているうちに、
近くの木にとまったので
車から降りて、ゆっくりゆっくり‥
 
枝がかぶっちゃって残念ですが、まずまずの至近距離でした。


撮影 12/21 長都沼

優しい目をしたノスリ。
次は、かっこよくホバリングをしているところ、撮ってみたいなぁ‥。

2010年12月21日火曜日

ハヤブサ

午後から良いお天気になったので、ふらっと長都沼に行って来ました。
先日は殆ど結氷していましたが、このところの暖かさで氷がいくぶん解け
沼はマガモ達で賑わっていました。
  
‥と、突然マガモ達が飛び立ち‥
 

1羽の猛禽が現れました。

ハヤブサです。
  何度か旋回したと思ったら 、
次の瞬間には水鳥を捕らえていました。

逆光でシルエットだけになってしまいましたが、
獲物の首を両足でがっしりと掴んでいるのが分かります。

空中で獲物をしとめているようにも見えます。

ついほんの数秒前まで、沼を泳いでいた水鳥(多分カモの仲間)は‥


ぐったり‥ 滴り落ちる水滴が哀れです。


でも、命はつながっているから‥



撮影 12/21 長都沼

2010年12月20日月曜日

愛媛で鳥見 その2

前回に引き続き、故郷愛媛で撮った写真のいろいろです。

柿とツグミ

走るカイツブリ


見返りジョウビタキ(♀)


冬のウグイス


ランチタイムのダイサギ その1


その2


その3


ランチタイムのコサギ その1


その2



その3
 
他にもオオタカやカシラダカ、ビンズイ、アカハラ、ホオジロ、カラ類
イカル、バン(幼鳥)、キンクロハジロ、マガモ、キジバト、クサシギなど
たくさんの野鳥を見ましたが、写真の出来は今一つでした。
 
今度帰省するときは、コマドリを撮ってみたいなぁ‥。
 
 
撮影 12月上旬~中旬 松山周辺

2010年12月19日日曜日

愛媛で鳥見 その1

故郷で過ごした半月は なにかと忙しく
あまり鳥見に出かけられませんでしたが、
それでも何度かは近場を散策致しました。
 
前回のアオサギに引き続き、今回も伊予の国からの野鳥発信です。
 

青空とモズ

桜とメジロ

こんな所にカワセミが‥

ビビットなジョウビタキ(♂)

オレンジジャージとシルバーヘルメット

太眉のエナガ


あ~ん、届かない‥


瀬戸内式気候は温暖で、よく晴れた日が続きました。
つかの間の鳥見は、疲れた心と体を癒すには欠かせないものでした。
伊予の国の野鳥さん、どうもお世話になりました。
 
 
 
撮影 12上旬~中旬 松山周辺

2010年12月18日土曜日

アオサギ

しばらく戻っていた故郷で、少しだけ野鳥を撮りました。
 
北海道でも馴染みの深いアオサギ。
でも、なかなか接近することができません。
ところが道後公園のアオサギは、かなり人馴れしているようで、
そろりそろりと近づけば、逃げずに写真を撮らせてくれます。
 

公園の内堀にいたアオサギです。


風のないこの日、水面は特別立派な姿見となっていました。

鮮明に映し出された自分の姿。
どんなふうに見えているのかなぁ‥。


あっしには関わりのないことでござんす。

そうだった。
道後のアオサギはニヒルな御仁だった‥。

 

撮影 12/10 道後公園