2009年9月6日日曜日

カワセミとの遭遇 第二日目

数日前に撮ったカワセミの写真です。
晴天に恵まれたこの日は、チビカワセミの羽色も ちょっぴり鮮やか。


大き目の石の上でちょっと休憩?
それとも、深々とおじぎの練習?
 
あっ、判った!‥立位前屈だ~!

 
おぉ‥キリッ!とした感じがチビスケでも男らしい。
(‥って、本当に雄かどうかも判りませんが。)
 

にゃ~ご。

あら、あなた!今日もまたお出ましですか?

ここは、僕の散歩コースになっているのだにゃ~。
なに、カワセミ?そんなもの興味なゃいよ。
 
あ、さいですか?それはよございました。
  

う~ん。魚君、いることはいるんだけどさ。
ちょっと小さいんだよなぁ。
それにさ、たまには生魚じゃなくて 天ぷらにでもしてして食べたいわけよ。
 
な~んて、思っているわけないか! 
 

てな事考えていたら、ひょいと飛び上がった。
 

目が遠くを見ている。
例の哲学する目だ。かっこいい‥。
 

背景がうるさいので、被写体がはっきりしなくて残念。
でも、私にすれば精一杯のカワセミ飛翔の姿!
次は、背景もちょっと考えなければ‥。ファ~イト~!

4 件のコメント:

  1. 第1日目に続き第2日目と傑作が続きますね。
    遠くを見つめるカワセミの目に光線が反射してとても綺麗です。
    5枚目の写真は魚を狙ってのホバリングの様にも見えます。
    ここまで素晴らしい写真を撮りながらも背景を気にするところが、またまた憎いですねぇ。
    私は反射神経が鈍いのでカワセミはいつも止まり物ばかり…。 モグラ叩きゲームから反射神経を鍛え直す必要がありそうです。 

    返信削除
  2.  よく頑張っています、頭が下がります・・
    あっ! あっ!頭が地面に・・帽子が落ちただけでした
     文面も面白い、来年は直木賞か芥川賞を狙いましょう!

    ところで、「あ、さいでしたか?それはよございました」
    の下の写真のカワセミの嘴の先の白い部分・・
     餌獲りのダイビングに失敗し、その時の水が次を狙って下向きの嘴に水滴になって光っているのかな・・
     ちょっと逆光向きで撮ったから水滴が光っているのでしょうね、う~ん! なかなかやるね!
     
     私は、上の方と違って、カワセミを見るとピク!と反射してしまいます、まだ、空を飛ぶ青い風船に反射するまでなっていませんが、同時によだれが出そうになります。
     治るか、知り合いのパブロフさんに聞いてもらえますか?

    返信削除
  3. そらぷち様

    お戻りになったのですね!お疲れ様でした。
    道東で撮った写真、今から楽しみだなぁ~。

    お疲れのところ、早速コメントをありがとうございました。

    数日前に見つけたカワセミ3兄弟。被写体は申し分がないのですが、なにしろ腕が‥。
    がんばってピントを合わせているつもりですが、どれも今ひとつです。
    写真は、猫ちゃん以外はどれもトリミングをしています。
    そらぷちさんだったら、きっとスゴイ写真を撮れるのになぁ‥。

    な~んて羨んでばかりいないで‥よ~し、がんばろうっと!
     

    返信削除
  4. ニック様

    ふふ‥帽子が落ちただけでしたか?

    4枚目の写真は、逆光でカワセミが真っ黒になってしまいました。
    でも、実はこの写真は私のお気に入りです。
    くちばしの先についた雫は、ご推察の通り!‥だと思います。

    条件反射は、長期間その条件から遠ざかると無くなってしまうそうです。
    先生がカワセミや他の野鳥から離れることはあり得ないので、必然的にこの反射は治りません。
    ‥と、パブロフさんが申しておりました。(笑)
     

    返信削除