2009年7月23日木曜日

コヨシキリ

今日は午後から長都沼に‥。
  
背高のっぽの草の中から、盛んに聞こえてきた鳴き声。
まるで舌打ちしているような、短い声でした。
地鳴きかな?威嚇の声かな?
 
さては‥この草の中に巣?もしや卵?
それにしても、姿が見えない。誰だろう‥
 
しばらくその場を離れて、再度声の主を探すこと数分。
おぉ‥出てきた!コヨシキリだ。

正面からだと、サンタクロースの眉毛みたい。
白い眉斑の上に黒線があって、眉斑がくっきりだね!
 


よ~し、MFのいい練習になるぞ!
さあ、どこからでもかかって来なちゃい!


家政婦は見た‥。 


よし、出てきた!
う~ん、かわいい。



いい感じ。シュットしてる。
きれいだよ~ ♪



時には、気高く‥

 
 
時には、愛らしく‥
 
写真はトリミングしています

2009年7月21日火曜日

苦手に向き合う その1、飛翔編

野鳥の写真の魅力といえば、なんといっても空高く飛んでいる姿。
あ~、それなのに、それなのに‥。
へなちょこおまさは 、見事なほどにそういった写真を撮ることが苦手。
 
お師匠様は普段は優しい人で 毒づくようなことなど一度もないけれど、
それでも度重なる私の失態に 不思議そうな顔をして、
「え~?どうしてあれでピントが合わないの~?」
などと面と向かって質問されることもあったっけ‥。

そういったときは、大概私が弟子としての立場を忘れ
プ~っと膨れ面になってしまう。
気の毒な先生‥。
  


上の写真は、いつものフィールドで撮った友達のカラスです。
練習に付き合ってもらい、何枚か撮らせてもらったうちの1枚。
 


これは長都沼で撮ったカルガモ。

どちらの写真も、超低空飛行です。
大空を背景に‥という写真とは程遠いのでした。

苦手を克服するための努力は、当分続く‥。
がんばろうっと ♪
 

2009年7月17日金曜日

バイカモ


久しぶりに晴れ間が広がりました。
お天気が良いだけで 何故か気分が高揚してしまう私。
さあ、今日も張り切ってまいりましょう~♪
 
朝2時間ほど庭の手入れをした後で、長靴を履いてフィールドへ。
今日のお目当ては、「バイカモ」です。
 
マガモ、カルガモは、ガンカモ科。
バイカモは、キンポウゲ科 
  

久々に撮った恵庭岳。

前回バイカモの写真を撮ったのが、今から ちょうど1ヶ月ほど前のこと。
もう花は終わっているかもしれないなぁ‥。
そう思いながら訪ねたフィールドでしたが‥。

 

いい感じ。

 



茂漁川のバイカモは、もう花が咲き終わったようです。
フィールド内のバイカモは、満開でした。

水面が日の光でキラキラと輝いて‥
気持ちの良い美しい風景でした。

バイカモ‥またちょっと好きになったみたい。

2009年7月15日水曜日

カワセミ 撮れた~!


ずっと狙っていたカワセミ。
やっとこさ、カメラで捉えることができました。
 
遠目にも目立つ、鮮やかなコバルトブルーを発見した時の緊張。
今思い出しても、胸がドキドキ‥。
 

お願い。逃げないで‥。逃げないで‥。
逃げないで~!と念じつつ、そろ~り、そろ~り‥。



うへっ!こっち見た?
気付かれたか?



しっ~!静かに‥。
自分を戒めながら、更に一歩、また一歩。

背中のブルーが、本当に綺麗。
でも、余韻に浸っている余裕なし。
おぉ~、私の心拍数100いってんじゃないのかな‥。



カワセミはやっぱり特別の野鳥。
今回の撮影で、つくづくそう思いました。

この写真が撮れたのは、私の力が 1/4 。
残り 3/4 は、グッチ先生のおかげです。
先生、本当にありがとう!
 

2009年7月13日月曜日

シマリス&エゾリス



久しぶりに行った円山公園へ。
遅い時間だったので もう薄暗くなり始めていましたが、
シマリスとエゾリスに遭遇しました。



オシマちゃん。
やっぱ、暗いわ~。ごめんね、綺麗に撮れなかったよぅ~。




こちらは、えぞきっつぁん。
申し訳ないと思いながら、フラッシュを使ってしまいました。
結果‥素晴らしい赤目に。
赤目処理をしたのだけれど、目がグレーでちょっと不自然‥。
 
遅い時間にもかかわらず、お付き合いしてくれてありがとう ♪

2009年7月9日木曜日

カイツブリ


おんぶされたヒナの姿を見たいと、カイツブリ池(?)に行って来ました!
お~、ロケーションも抜群‥高鳴る胸。ドキドキ‥。
 

あ~、いた、いた! ふ~ん、これがカイツブリか‥。
綺麗な水鳥だなぁ。

水草の間から突然現れた、潜りの名人のカイツブリ。
器用に魚を獲っていきます。


 
え~と、お母さんとヒナは何処だぁ~?
あっ、あれだ。しかし‥遠い。

背中に2羽。母鳥にぴったりと寄り添っているヒナは、3羽。
ヒナは合わせて5羽か‥。かわいい!
 


遠過ぎて豆粒のようなカイツブリの母子です。
背中におんぶされているチビちゃんが、なんとか判る‥かな?
 
もうちょっとこっちに‥ お‥お願い。
ずいぶんと粘ってみましたが、とうとう最後まで
遠~い所 からパシャパシャと写真を撮り続けることになってしまいました。

でも‥遠くから見ても、おんぶ姿はかわいい。
思い出すなぁ~。私も娘をよくおぶったもんだ。 

お父さん鳥は人の近くにも現れて、漁を‥。 


濃淡の緑に囲まれた空間は、最高に気持ちよかったです。
いい所だなぁ‥。

お母さんの背中にしがみつく3羽のヒナ。



のんびりとしているように見えても、蛇や猛禽類の姿を何度か目撃。
子育ての間は気を抜くことができません。
5羽のヒナが、無事に大きくなることができますように‥。


いや~、カイツブリか‥。また好きな野鳥が増えちゃったかも。

2009年7月7日火曜日

コヨシキリのヒナ?

去年の冬に、カワセミ目的で出向いた柏木川。
「カワセミは留鳥ではありませんよ。」と教えていただき、
自分の無知がちょっと恥ずかしかった。
 
あれから半年。今となってはそれもいい思い出。
久しぶりに懐かしの場所に、ほいほいとやって来た おまさでした~!
 

グリーンに映えるオレンジ色の橋。いいですね~。
 
 

 流れ落ちる水を背景に、雑草を‥。
暑さを忘れるような 水音でした。
 


堰き止められた場所では、なにやらお魚がうじゃうじゃ‥。
勢いよくはねる姿を なんとかカメラに収めたいと思うのだけれど、
いや~、これが難しい。

でもこれだけ魚がいるということは‥カワセミを撮るチャンスは広がりそう ♪
むふふ‥がんばっちゃうぞ~。

 

‥が、世の中そう甘くはない。
ビュンビュン飛ぶばかりのカワセミは、かなりの強敵。
今日は一度もシャッターを押せずじまいで、ちょっぴり‥ぐやじい。

そんな私を慰めてくれたのは、コヨシキリのヒナ(?)でした。


夕方近くでしたが、


そこそこ明るい。
おかげで、なんとかその姿を写真に撮ることがでしました。

付き合ってくれて、どうもありがとう。
これで今夜はぐっすりと眠れそう。

2009年7月4日土曜日

再び‥カワセミの道は遠い



待ちぼうけ ♪ 待ちぼうけ ♪

偶然撮ったカワセミに気をよくした、単純おまさ。
「今日こそは!」と草むらに身を隠し
ひたすら待つこと数時間。
 
チイ、チイ、チ~イ!という鳴き声とともに現れるカワセミだけれど、
ポイントが絞りきれずに写真撮影まで到達しない。
そんなことを数日繰り返し、撮った写真は、
 

 
その1、生い茂る雑草。
 



その2、 ホソミイトトンボ?( う~ん、判らない)
 

 
その3、正体不明のイトトンボ
(モノサシ トンボと判明)
 

その4、ちょっと雰囲気のある林
 

 
その5、沼の睡蓮



 その6、もう1回 睡蓮
 


 その7、身長より高い雑草


 
その8、 ジャノメチョウ
 
でも、めげずにがんばります!
待っていてね、カワセミ君 ♪

ノビタキ ファミリー


いつものフィールドで遭遇した、ノビタキ一家の写真です。
5日ほど前の写真ですが、忙しさにかまけて放置しておりました。
 
遅くなりましたが、本日初公開~!



♪ あ~る晴れた日~♪
 


あどけない‥。 かわいい。



仁王立ち。それでも、かわいい ♪


 
お揃いのところをパシャ!



後ろ姿も、パシャ!




 横からも、パシャ!
 


相変わらず何をしてもかわいいノビちゃん。
ええい、こうなったらやっぱり一番好きな野鳥はノビちゃんだ~!

もう誰が何と言ったって、変わらないぞ~!
 

2009年7月1日水曜日

ノビタキ (カワセミの道は遠い)

カワセミの写真をバーンと載せてやろうと
勇んでやって来た漁川。
でも、世の中そんなに甘いもんじゃない。
 
結局水面近くを飛んで行くカワセミの姿を何度か目撃し、
ピントの甘いカワセミの写真を数枚撮っただけで終わり。
ぐ‥ぐやじい~。
 

でも、この悔しさがバネになるのよね~。
オープンガーデンの最中に、ついにおまさの鳥見に火がついてしまった!

こうなったら、とことんやってやる!

 
‥って、このブログ、確かガーデニング関係の方も見てくださっていたような‥。
 
ごめんなさい。

庭の手入れはちゃ~んとやっておきますので、
もし留守の場合は、視察のおりの案内をよろしくお願いいたします。

なにとぞ、なにとぞ‥よろしくお願い申し上げます。
 

2時間以上粘ったというのに‥まともな写真が撮れなかった私を
帰り道、やさしいノビタキが慰めに来てくれました。
ノビちゃんは、やっぱり心の友だ!(ジャイアンみたい‥)

ありがとう、ノビちゃん。
あなたは私の好きな野鳥、第1位です。

ど~も。