2009年6月11日木曜日

アカゲラの巣

 
今日は朝から雨です。
これからもしばらくは ぐずついたお天気が続くとか‥。
ちょっと、しょぼん。
 
でも、昨日はお天気もまずまず。
欲張って、恵庭公園と西島松のフィールドに出かけて来ました ♪
1日遅れになりましたが、その時の写真を掲載しちゃいましょう。
まずは恵庭公園から‥。
 
 
上の写真は「ツルアジサイ」です。
素朴な目立たない花ですが、私の大好きな花の一つです。
樹の幹にしっかりと絡み付いて、
まるでその樹が花を咲かせているように見えました。
 
素敵です ♪
 
  
雨が降って緑が一段と濃くなり、
落葉樹の下では、日陰でもよく育つシダが
グーンと大きくなっていました。
こちらも、美しい‥。
 
 
この日の一番の目的は、アカゲラの巣の確認!
  
上の写真は、巣に向かう途中で出合ったアカゲラ君です。
‥君は、あの巣のアカゲラ君じゃないよねぇ?
   
  
さあ、アカゲラ君の巣に着きました。
しばらく様子を見ていましたが、
何の音もしないし、いくら待っても誰もやって来ない。
 
実は、数日前に
「この巣の近くで30分くらい粘ったけれど、
アカゲラの姿も雛の鳴き声も聞こえなかった。」
という情報をいただいていました。

そうか‥やっぱりダメか‥。
 
 
巣に近づいて、周りをチェック。
 
巣の近くには、アカゲラの羽が近くに散乱していました。
何かアクシデントがあったのかなぁ‥。
 
2羽のアカゲラが、餌をくわえていたときのことが思い出されて
ちょっとショック‥。
 
仕方ないよ。自然の中での成り行きなんだから‥。
そう言い聞かせながら、溜息をつく
新米バードウォッチャーなのでした。

4 件のコメント:

  1. やぁ~、ショックですね!
    間違いなく、親鳥の羽です。
    そう簡単に親鳥がやられることはないのですが・・
    どうしてなんだろうな? 
     
     でも、自然界ではあちらこちらで、このような出来事が
    起きているのでしょうね。
     だから、だまって現実を受け止めるしか無いのかも・・

     それにしても、なんだい? この雨は・・
     いつまで続くのでしょうね?
     昨日は、1日大夕張で化石採取していて野鳥の写真は休
    みしていたので・・ウズウズ

     なかなか、いいレポートでした。パチパチ
     

    返信削除
  2. ニック様

    はい、ショックです。
    あのふてぶてしい面構えの 猫ちゃんの仕業でしょうか?
    まぁ、あまり考えても詮無い事なので、先生のおっしゃるように
    黙って現実を受けとめることにします。

    ホントに何なんでしょう、この雨。
    雨が降らないと困ることもたくさんあるけれど、
    何日も雨が続くと‥雨は苦手です。

    いいレポートでしたか?じゃあ、少しホッとしました。
    先生のような楽しいものじゃなかったから、「ちょっと失敗したかな」って思っていました。

    返信削除
  3. 人間の見地からは「残酷なこと」でも自然の中では日常、起こっている「ごく当たり前のこと」なのですから、黙って受け入れるしかないですよね。
    「綺麗」「可愛い」ばかりじゃない自然を体験出来たのも、おまささんにとっては良い経験だったと思います。

    返信削除
  4. そらぷち様

    そうですね。その通りだと思います。
    あまり感傷的になるのは止めます。

    それにしても、三笠のフクロウのことは残念です。
    まさか事故で‥。
    残ったお母さんフクロウが、立派に子フクロウを育ててくれるように祈るばかりです。
     

    返信削除